花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • コウボウシバとシオクグ

  • コウボウシバ

    いままでは、「コウボウシバ!」と胸を張って言えてたのだけど、知らなかっただけ
    屋久島から帰って、ずっと悩み続けていました。
    というのは、コウボウシバも生育がよいと、シオクグに似てくると教えてもらったからです。

    小穂

    小穂の長さ1,5-3cm、拡大してみました。
    雌鱗片は果包と同じくらい長いので、コウボウシバでよさそうです。
    また、基部の鞘には葉身がなく赤みを帯びています。葉幅は3mm前後。

    web拍手 by FC2
    …スミレ
  • 屋久島のスミレ

  • ヤクシマミヤマスミレ

    屋久島でよく見かけたヤクシマミヤマスミレ、ヒメミヤマスミレの変種です。
    (そういえば、苦手なフモトスミレとヒメミヤマスミレでまだ見分けてなかった)

    ヤクシマミヤマスミレ

    ヒメミヤマスミレの小型ものがヤクシマミヤマスミレで、「ヒメ」が取れてる。
    花色は白、フモトスミレと似ているけれど

    web拍手 by FC2
    海辺の植物
  • 屋久島の海岸に咲く花

  • クリックすると大きくなります

    (クリックすると大きくなります。)
    屋久島の山を背景に、イワタイゲキやハマオモトなど環境抜群の海岸でした。
    念願の自生テッポウユリ、こんなところに咲くんだ・・・

    花後

    強い海風に耐えるために草丈は低く、ずんぐりむっくりですが美しい。
    隆起サンゴ礁はいろんな生物のすみか!

    web拍手 by FC2
    キノコ
  • キノコでてこい!

  • キイロスッポンタケ

    今年はキノコがなかなか出てきません。ナゼダロウ?
    そんな中で出会ったキノコ・・・
    「ウスキアミガサタケじゃない?」
    確かに似てるけど、スカートがない・・・食べられたの?

    柄の表面は細かい網目をしているので、はがしてみると2層になっていた。
    やっぱりいじけたウスキキヌガサタケ??

    幼菌

    でも、幼菌は白いし朽木から出ている
    私のキノコ知識では対戦できなかったけれど、
    帰って調べてみると、キイロスッポンタケの特徴ぴったりでした!

    web拍手 by FC2
    街路樹・公園・庭木
  • トチノキの花

  • トチノキに花が咲きました!

    県民の森のトチノキ団地に花が咲きました。
    「トチを伐るバカ、植えるバカ」という諺があるように、
    トチノキを植えても実がとれるまで30~50年かかるのだそうです。
    トチノキ団地ができたのがいつなのかわかりませんが
    県民の森は来年開園50周年を迎えます。

    一つの花序

    小さな花がたくさん集まって、やさしい色合いですが豪華ですね
    でも、果実の数より花数が断然多い、どうなってるんだ??

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オニイノデ

  • オニイノデ

    オニイノデを育ててみました。
    まだ小さめですが、葉身は40-70cmにはなるようです
    それでも、葉は硬い革質、握るとトゲが痛くて、やはりオニですね。

    最下羽片

    最下羽片、小羽片は卵状長楕円形。
    多くは基部で沿着して、辺縁は浅い鋸歯縁です。

    web拍手 by FC2
    …カヤツリグサ科
  • 久しぶりスゲ ヒメジュズスゲ

  • 先端

    イネ科カヤツリグサ科は、調べようと思って写真に撮ったり
    サンプルを持ち帰ったりするのですが、何度も同じものを調べたりしています。
    でも、今回はきっと初めてのはず!
    嘴がこんなに長くて

    基部

    下部の側小穂の柄は長くて下垂しています・・・ たぶんみたことないはず ^m^

    web拍手 by FC2