花の日記

Category : 山の木

ガジュマル

ガジュマルの木

絵本で読んだガジュマルが
身近にあるアコウとどこが違うのかな?と思っていたのですが
いざ、出会ってみると違ってました・・・^m^

ガジュマルの木の下で・・・

ただいま今年撮った写真の整理中、保留にしていたお花たちは手ごわい・・・
それでちょっと一休みして、旅行記念のガジュマルをアップします。

web拍手 by FC2

コジキイチゴ

コジキイチゴ

花友さんのおかげで、今年は念願のコジキイチゴを3度見ることができました。
となり山にあるという情報をもとに、この2年間探しまわること10数回。空振りばかりだったのでうれしかった。
でも、探し回ったおかげでお初のシダやお花に会えたわけで、それはそれで、ラッキー♪

クリックすると大きくなります。

グーンと伸びた前年枝から、花の咲く枝がにょきにょきと伸びています。
離れていてもわかる、赤い腺毛。
他のキイチゴ属とおなじように、数年前伐採された林縁に芽を出していました。

web拍手 by FC2

知りたかったこと

ツクバネウツギ

ツクバネウツギの仲間で、ガク片5枚が同じ大きさのものはツクバネウツギ
ガク片が4-5枚で、5枚のときは1枚が小さいものはオオツクバネウツギで花は大きめ。
ガク片が2-3枚だと、コツクバネウツギで花は小さい。
他に花の色や、毛の有無で分けたり分けなかったりだけど、これはツクバネウツギ。

ツクバネウツギ

長崎ではコツクバネウツギしか見たことがなかったので、
「あれ、長崎のと違うから見てみたい・・・」とつぶやくと、崖をものともせず一枝とってもらいました。
かわいい~ツクバネウツギだぁ

web拍手 by FC2

マルバウツギ

マルバウツギ

今さらですが、マルバウツギってこんな感じなのでしょうか?

花

いつもとちょっと違うかもと感じて、ルーペで見てみると…

web拍手 by FC2

チョウジザクラ

チョウジザクラ

ああ、この岩はもう超えられないなぁと 座り込んだ目の前にチョウジザクラが咲いていました。
   「私、もうここでってるからね~♪」
花が小さくて、季節的に終わりだったのとで見落としていました。
咲いているのがわかりますか?

かわいい!

木はそれほど高くないのですが、足場が悪く近づけないので
トリミングしてこのくらいが精一杯。それでもかわいい花が残っていたのでよかった!

web拍手 by FC2

シキミ

シキミ

シキミの花がきれいでした。
花が咲いているときは、すぐわかるのですが

木を見て

木を見てシキミとわかるようになりたいから
一回ちゃんとまとめます。

web拍手 by FC2

フサザクラ

フサザクラ

フサザクラの花が咲いていました。ちょっぴり赤っぽい?

花

花びらがなく、赤い雄しべがふさふさとして裂開すると白っぽくなっています。

web拍手 by FC2

ミツマタ コショウノキ

ミツマタ

和紙の原料ミツマタが咲き始めました。

三つ又

三つ又、三つ又に枝分かれするから「ミツマタ」

web拍手 by FC2

やんばるの森の中4

サクラツツジ

もう1ヶ月前のことになりますが、サクラツツジの好きな花友さんがアーチをくぐります。
あの頃は沖縄はサクラの季節だった。長崎ももう春に手が届きそうです。
桜色の花だからサクラツツジというのかな?

ツツジ

花は正真正銘ツツジです。

web拍手 by FC2

沖縄のルリミノキ

リュウキュウルリモノキ

1月のリュウキュウルリミノキは花と果実を同時に見ることができました。

花

花弁が反曲して可愛いリュウキュウルリミノキ、上を向いて咲いてくれるし
ルリミノキとは花があればひと目で違うことがわかります。
葉脈はルリミノキよりも狭い角度でなだらかに斜上しているところが相違点かな。

web拍手 by FC2

おもしろい木1

なんだろう?

蜂の巣のような塊から、にょきにょきと何か出ている。虫こぶ?
虫こぶの好きな先生が喜ぶかもと数枚撮ってきました。
花友さんに話すと「○○イヌビワ」と教えてもらったのだけど、思い出せない。
一応、虫こぶ

花嚢

調べてみると、アカメイヌビワのようです。
沖縄には幹生花の、ギランイヌビワとアカメイヌビワがあり、
アカメイヌビワは葉腋にも花をつけるのですが、幹生花はかたまっている。

web拍手 by FC2

ミサオノキ

ぱんだ転び滝

昨日の調査は谷沿いのやぶこぎ、道などありません。
こんな山奥は一人では歩けないので、予定を変更してついて行くことにしました。
ここは10mくらいの滝、滑って転んだので
「パンダ転び滝」と名づけられてしまいました( ̄_ ̄|||)

ミサオノキ

そして、今日の題目は滝の上のミサオノキ。暖地の林内に生育する常緑低木で、
岩の間にあっても青々として色が変わらないから「操の木」
幼木があちこちあるので、大きな木もあるかもしれないけど周りを見る余裕がありません。

web拍手 by FC2

リュウキュウマメガキ

見つけたよ!

見たかったマメガキ、見つけましたよ

あれは?

目的地へたどりつけず、グルグル回っているときに
センダンでもないし、なんだろ?と車をバック。きゃ~マメガキだ!!
ちょうどガードレールの高さに実ってるから写真も撮りやすい。

web拍手 by FC2

ネコヤナギ

ネコヤナギ

春の可愛いネコヤナギは知ってるけれど、どんな葉なのか確認したくて川に下りてみました。
ネコヤナギは別名タニガワヤナギと言われるように、渓流沿いにはえる0.5-3mくらいの落葉低木です。

葉

葉は革質で長楕円形、思い描いていたヤナギとは全然違う葉でした (^_^;)ゞ
それに、肥大した葉柄に守られて育った冬芽がずいぶん大きくなっていました。

web拍手 by FC2

ツクシハギ

ツクシハギ

萩は難しくて、でも消去法でいくとツクシハギが残ります。
長崎では湿地の近くの山地でよく見かけるかなぁ
花の色は翼弁の色は紅紫色なのですが、旗弁竜骨弁が薄いピンクなので白っぽく見えます。

花の色

ヤマハギやマルバハギに比べると、花のサイズが大きくて
旗弁が反り返り、耳状突起がよく発達しています。

web拍手 by FC2

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

長崎県の絶滅危惧種展 クリックすると大きくなります。
ボタニカルアート展は2月28日まで
絶滅危惧種展、写真展は3月31日まで延長になりました。

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top