花の日記

Category : …イネ科イグサ科

カリマタガヤ

カリマタガヤ

秋の写真なのですが、このタイプのイネ科もよく見かけるのでそろそろ・・・
お天気続きでカラカラに乾いていますが
コモウセンゴケなどが一緒にはえているような湿り気のある山道でした。

二また

総が2また、3またに分かれているイネ科って多いんですよね
色は紫を帯びているけれど、図鑑では淡緑色から淡褐色と書いてあります。

web拍手 by FC2

タツノヒゲ

タツノヒゲ

もう一つ、お正月の間に強そうな名前の植物です。
といっても、名前に似合わない繊細さ・・・見た目も写真と同じくらい。

全体

こんな感じで、地味なんだけどなんだかいいなはーと_s
名前を調べなくちゃ、と思ったのでした。

web拍手 by FC2

謹賀新年

おめでとうございます。

コバンソウ、ヒメコバンソウ、ハナヌカススキ・・・
花穂が出てイネ科のお花たちの魅力に気がつきました。
まだ、葉だけでは区別することは出来ないけれど、足元の植物にほおづえついて見入っています。

コバンソウの花

あけましておめでとうございます。
コバンソウの蕾、かわいいでしょう?

web拍手 by FC2

イグサ(イ)

イグサ

山の中でも湿地でも田んぼでも・・・ちょっと湿ったところでイグサによく出会います。
草丈も30cmくらい~1mもあるものまで、株も貧弱なものから大株までイロイロ
どれもはっきり区別できなかったので、みんなまとめてイグサとしました。

花

それにしても、花が咲いているイグサはきれいで見直しました。

web拍手 by FC2

コウガイゼキショウ

コウガイゼキショウ事始

春もはやくから田んぼ一面に芽を出しているのはコウガイゼキショウ
まだよくわかっていないコウガイゼキショウの仲間を見わけようと

けっこう可愛い

そろそろ8月、他のコウガイゼキショウも出てきていいはずと写真を撮ってくるんだけど
ぜーんぶ、ただのコウガイゼキショウでした ^m^

web拍手 by FC2

クサヨシ

クサヨシ

春の写真なのですが、やっと名前にたどりつけたので忘れないうちにアップします。
ヤマアワがクサヨシと似てるというつぶやきがヒントになって、これがクサヨシですよね 

花序

クサヨシはまだ葉では見わけられそうにありませんが
花序が出ていればわかりやすいと思いました。

web拍手 by FC2

ヤマアワ

ヤマアワ

もうすっかり枯れ野原で、ヤマアワもこのとおりです。
ヤマアワというくらいだから、アワの仲間かと思っていたらノガリヤス属、
アワに外形がすこし似ているかもね  r(^^;

夏のヤマアワ

7月の下旬、日当たりのいい湿地の一画にヤマアワが小さくまとまって出ていました。
草丈は私の視線の高さくらいだから・・・1-1.5mくらいかな。
よく見ると葉が裏返るところなど、ノガリヤスに似たところもありました。

web拍手 by FC2

セイタカヨシ ヨシススキ

セイタカヨシ

葉がたれることはなく、斜め上に向かってぴんと立っているのがセイタカヨシ。
ツルヨシ、ヨシ、セイタカヨシと見わけたくて探すのですが長崎には少ないようで
やっと出会いました。

ピン

イネ科を調べ始める前だったら、ダンチクと思い気がつかなかったと思います。
草丈は3mをこえ、ヨシより高いからセイタカヨシ
中国の西湖に生える葦という意味から別名はセイコノヨシ。

web拍手 by FC2

ダンチク

ダンチク

どこにでもあるから、もういいやと思いつつ
一回くらいまとめておいたほうが、大型のイネ科を調べるときに役立つかもと
見上げてみました。

横にしているのではありません。

高すぎてどうしようもない・・・

暖地の海岸近くに生育するから暖竹、別名ヨシタケ。
ヨシよりはるかに大きく4mはありそう

web拍手 by FC2

ツルヨシ

池田湖

いっしぃ君がいるかもしれない池田湖、記念にひとつ水生植物をアップしなくちゃと下りてみました。

これ。。。ヨシ???

これ・・・ヨシ? ちょっと違うみたいな気がするケドと
まだヨシのことがはっきりわかっていないので、これが何か調べてみよう。

web拍手 by FC2

ウシクサ

でてこ~い!

花序が出るのを今か今かと楽しみにしていたウシクサ

クリックすると大きくなります。

よそではもう花が咲いているのに、長崎はまだです。
一本くらい出てないかな?と這いつくばるようにして探したのだけど
この日はこんなもの
湿った草地や道ばたにはえています。

web拍手 by FC2

マコモ

金色に輝いています

ボランティアの帰り道、池があったのでちょっと寄ってみることにしました。
金色に輝いて、なんてきれいなんだろう

イネ科?

近づいてみると、ますます好きになりました。
花序の上のほうは雌花、下のほうは雄花、調べやすそうですね。

web拍手 by FC2

イタチガヤ

イタチ?

これ、もしかして、もしかするかも 
キツネだったっけ?ムジナだったっけ? そうだイタチ!
目立たないのだけど、よく見ると可愛いイタチの毛。

岩の隙間に・・・

水の染み出すような岩は、私の観察ポイントです。
いつもなら、見逃してしまいそうないでたちなのですが、ピンとひらめくものが・・・
そうです、出会いたいと願っていたイタチガヤ。

web拍手 by FC2

コバノウシノシッペイ

ムチ?

ウシノシッペイの仲間は小穂が密着して棒状なのでわかりやすく

クリックすると大きくなります

ひょろっとした姿は、牛を追う竹箆(しっぺい)、ムチにみえますか?
これはコバノウシノシッペイのようだと教えていただきました。
各部を載せてみますので、見てくださいね。

web拍手 by FC2

トボシガラ

5月に出会ったイネ科

5月に出会ったイネ科なのですが、こんなにきれいな花を咲かせるのだなと
感動した一枚  r(^^;

全体

散歩中に道路沿いで見つけて、これは名前が知りたいと思ったのですが、
イネ科のハンドブックを見ても似たものを見つけることができず、属がわかりません。
それで、昨日教えていただいたことを試してみようと、
円錐花序、小穂より短い包頴で、長い芒があるものはカニツリグサ類?

web拍手 by FC2

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

リュウキュウイチゴを食べた!
美味しかった
リュウキュウイチゴとリュウキュウバライチゴを食べ比べ、どちらが美味しいか?好みは2分されそうなくらい甲乙つけがたかった・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top