花の日記

Category : 湿地・水田の植物

ヤナギスブタ

ヤナギスブタ

ヤナギスブタが見たいとつぶやいてから一ヶ月
やっと花に出会えました。何度かよったことやら・・・
でも、とても可愛いヤナギスブタ 花は見落としそうなくらい小さいのです。

クリックすると大きくなります。

クリックすると大きくなります。
流れるような枝分かれや細い小さな葉を見ると、ヤナギにたとえられたのがわかります。
上下の大きい葉は、種子にヒゲがあるのでスブタ。
赤丸で囲んでいるのが花で、包鞘も見えていました。

web拍手 by FC2

マルミスブタ

スブタ

セトヤナギスブタの件から一ヶ月、私の頭の中はスブタスブタスブタでした。
スブタしか知らなかったときは、みんなスブタに見えていたけれど
葉の幅も違うし、花の大きさも違うし、エヘヘ♪スブタ見るなら長崎においで v(^^*)

スブタ

水深の深いところでは葉の長さは15cmくらい、幅は3~9mm。
まとわりついた汚れを落としてやると、きれいなんですよ。

web拍手 by FC2

スブタ

スブタ

スブタの種子です。スブタの仲間では一番カッコいい!
両端の尾状突起の長さは、長崎のは短いのかな?
10個くらい果実を開いてみたけれど、みんなこんな感じでした。
お髭の長いスブタの果実も見てみたい!

花

いつもくちゃくちゃした花なのに、花弁が3枚きれいに開いてると思ったら・・・
写真で拡大してみると雌しべが長く伸びていて、やっぱり細い花弁がぴろぴろ ^m^

web拍手 by FC2

ヘラオモダカなのかな?Part2

葯は褐色

長崎では4ヵ所目のヘラオモダカも、葯の色は褐色でした。

日当たりのいい草原

ススキが一面にしげる草原の溝の中、アキノウナギツカミ、ヤマアワなどもありました。

web拍手 by FC2

ヘラオモダカなのかな?Part1

花が咲いてる!

ヘラオモダカの花が咲いていました。
花は約1cm、ほんのりピンクで可愛いです。

ヘラ葉

葉がヘラのようだから、ヘラオモダカ。
でもオモダカは雌花と雄花がありますが、ヘラオモダカは両性花で別属、
オモダカ科 サジオモダカ属になります。
小さい株を写していますが、ひざの高さ辺りまでは成長してもつれあっていました。

web拍手 by FC2

ガマ

ガマの双子

ガマで忘れられないのは、やっぱりこの双子。二度目の登場です。

一番よく見るガマ

ガマの仲間では、いちばんよく見かけます。
ガマ一面になった休耕田を見ると、刈ってしまいたい心境に・・・^m^

web拍手 by FC2

コガマ

コガマ

ガマの仲間で、コガマは小さくて可愛くて好きです。
これは2段になっていて、人差し指と比べたつもりなのですがボケてしまいました。
小さいのわかりますか? 写真の半分くらいの大きさでした。

コガマたち

コガマはガマやヒメガマと比べて少なく、出会ったときはうれしくなります。

web拍手 by FC2

セトヤナギスブタ

ヤナギスブタが見たい・・・

この花に添えて「ヤナギスブタが見たい・・・」とつぶやくと
「スブタにしては緑が濃く、花期も早い。ほんとにスブタ?」
と、お返事をもらいました。
雨が上がるのを待って、すぐ確認にでると スブタと違うみたい・・・

分岐してる!

土の中を探ってみると、茎が分岐しています うれしいな!

web拍手 by FC2

サワトラノオ

サワトラノオ

サワトラノオを初めて見ました 5月上旬の写真です。

△お山

三角お山の花穂は、トラノオというにはぽっちゃり形。
綺麗ですね・・・

web拍手 by FC2

河川撹乱地の自然 1

観察会

向こうの山は天下分け目の天王山、オギ、カラシナ・・・
この日は河川敷の観察会でした。
教科書で習った淀川は大都市の中を流れる汚い川と思っていたのですが
狭い長崎を流れる川とはスケールが違って、河川敷にはいろんな植物がはえ
自然を保護しようとする試みも、あちこちに見られました。
長崎市の川のほうがよほど汚れているし、歩こうという気も起こらない(~_~;A

ハリエンジュ

集合場所まで向かう電車の中から、河川沿いに見えた白い花はハリエンジュでした。
砂防・土止めに植栽されたのかな。
花はてんぷらで食べると美味しいそうですが、花以外は毒があるみたい
ミツバチがたくさん集まっていました。
私も花をひとつなめてみたら、甘かった ^m^

web拍手 by FC2

オオタチヤナギ?

ヤナギわかるかなぁ

近所の湿地にはえるヤナギです。新緑がきれいで今年こそ名前をつけてあげよう
そう思って何年たつかしら?ヤナギは難しい。
花芽のころが大事だとわかったので、今年は花芽から

赤い葯がかわいい

ちょっと、遅かったんですが、小さな花芽が残っていました。
雌雄異株ですがぬかるんでいるため雌株を見つけることができません、
これは雄花で花穂の長さ1-2.5cm、葯は赤。花後は暗褐色。小さな下出葉が2-3枚。

web拍手 by FC2

オオバタネツケバナ

クリックすると大きくなります。

水辺に咲くタネツケバナをもう一つ、頂小葉が大きく
草体がタネツケバナよりやわらかいので、オオバタネツケバナだと思います。

花

花もやさしい感じです。

web拍手 by FC2

タネツケバナ ミズタネツケバナ

タネツケバナ

ぽかぽかお天気に誘われて、田んぼに出かけてみると、
タネツケバナが一面に咲いています。

タネツケバナ

1本の姿。
今更ですが、タネツケバナをはっきりさせよう  r(^^;

web拍手 by FC2

スイラン

スイラン

以前と比べるとずいぶん少なくなったけれどスイラン
茎の高さは1mありよく目立ちます。海岸に近い休耕田に咲いていました。

花

花径は3-3.5cm。花柄は3.5-10cm(マンシュウスイランより長い。)

web拍手 by FC2

ヒレタゴボウ チョウジタデ ウスゲチョウジタデ

草紅葉

今年の秋はため池や湿地を回ることが多かった。
オトギリの仲間やタデ科やイネ科も赤や黄色に染まってきれいだけれど
ヒレタゴボウの草もみじ

ヒレタゴボウ

夕方帰ろうとしたときに、とってもきれいだった。

web拍手 by FC2

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

リュウキュウイチゴを食べた!
美味しかった
リュウキュウイチゴとリュウキュウバライチゴを食べ比べ、どちらが美味しいか?好みは2分されそうなくらい甲乙つけがたかった・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top