花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • タケニグサ

  • あれは何?

    車を走らせながら…「あれは何?」 v(^^*)
    なんだか、きれいな花が咲いてる雰囲気
    タケニグサは、荒地や原野などに出現する先駆植物だそうです。

    タケニグサ

    これがタケニグサかぁ
    「長崎にはないけど、どこにでも咲いてるよ」って聞いてたタケニグサ
    ha-chanのところで見せてもらっていたから、一目で納得。

    英名は Plume poppy、「羽毛ゲシ」

    英名は Plume poppy、直訳して「羽毛のケシ」
    タケニグサはケシ科なのだけど、ガクは早く早く落ちて、花びらがないのでケシ科?って感じ。

    果実

    花が終わるとすぐ果実になるみたい。ちょっと可愛い気がするけど。。。
    茎を切ると黄色の乳液が出てかぶれやすいそうです。やっぱり、ケシ科ですね。

    こんな花です

    まだ、咲き始めたばかり、
    背丈は高くて私がすっぽりかくれてしまいます。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------
    タケニグサ  
    別名  チャンパギク
    分類  ケシ科 タケニグサ属
    分布  本州~九州

    竹と一緒に煮ると柔らかくなって加工しやすいから「タケニグサ」とか
    茎が中空で竹に似るから「タケニグサ」とか…

    クリックしてね

    葉は大型で切れ込む。

    大きくてエキゾチックな感じがするからインドシナのチャンバという地名をつけて「チャンバ菊」
    でも本州~九州、中国に分布する在来種です。

    まじめすぎておもしろくないじゃん。。。と、書きながら思うm(_ _;)m
    web拍手 by FC2

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/989-c359ea0c
    該当の記事は見つかりませんでした。