花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ラショウモンカズラ

  • ラショウモンカズラ

    ラショウモンカズラの花がひときわ目立っていました。
    蕾の時期はよく見るのに、咲いた花を見るのは初めてです。
    ラショウモンカズラは、この大きな花を
    「羅生門で切り落とされた鬼女の腕に例えた」といわれています。
    横から見て、鬼女の腕に見えるかなぁ

    ラショウモンカズラ

    シソ科の花は小さい花が多いけど、これは鬼の腕とたとえられるくらい大きいです。
    筋肉隆々な腕ですね  ^m^  それに毛深いし。

    ラショウモンカズラ

    どんな花が咲くんだろうと、いつも「もうちょっとで咲くのに…」と指をくわえていた蕾。
    長崎では見かけないので、なかなか会えずにいました。

    ラショウモンカズラ

    こんな感じで咲いています。きれいだと言うより「鬼女の腕」の雰囲気?

    --------------------------------------------------------------------------------------------------------
    ラショウモンカズラ
    分類   シソ科  ラショウモンカズラ属
    分布   本州~九州

    花期の終わりごろから根元から匐枝を伸ばすので「カズラ」だそうです。
    web拍手 by FC2

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/930-8af46586
    該当の記事は見つかりませんでした。