花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
山の木
  • クロガネモチ

  • 赤い実

    果実は鳥に食べられてまばらになっていたので、モチノキみたいに見えるけど「クロガネモチ」です。
    赤い実は苦手。葉の形も平凡だし、どっちかというと避けたい木でした… v(^^*)
    それが、調べてみると結構面白かったんです。

    死環

    モチノキ科の葉は、死環がでるって書いてあったので、葉先を焼いてみました。
    この黒い線が死環、これは、タンニン(ポリフェノール化合物)によるものだということです。

    タンニンは口に入れると強い渋味を感じさせる成分です。
    と言うことは、鳥に食べられてしまったこの木の果実は熟して渋みがなくなったのかな?
    一つつまんでみたら、渋くない!

    ほらね

    それから、タンニンが含まれてるから文字もくっきり書けるんです 
    …もっと考えて落書きすればよかった…(~_~;A
    お手紙の木「タラヨウ」もモチノキ科でした。 

    クロガネモチは語呂合わせで「苦労金持ち」
    苦労して頑張ればお金持ちになれるとか
    苦労なくお金持ちになれるとか…

    よく見る赤い果実をたわわにつけてる街路樹や庭木。これがクロガネモチなのですね。

    クロガネモチ

    山で見た一枚目の写真はは巨木で、姿カタチも立派です。
    果実も食べつくされていたので この街路樹と同じには見えません。

    街路樹のクロガネモチ

    それから、街路樹のほうは、いつまでも果実がついています。
    一つ食べてみると、苦いというか渋いというか… 鳥が食べないわけです。
    葉も渋かったです。

    それにしても、クロガネモチは雌雄異株なのに、雌株ばっかりの街路樹。
    でも果実がたくさんできています。どうなってるのでしょう?
    花が咲いたらわかるかな…

    2010/05/07
    まだ実もあるのに・・・

    まだ果実もあるのに、クロガネモチの雌花が咲きました。
    めしべもおしべもある両性花のように見えるけど、花粉が出ていません

    蜜にアリが

    写真を撮ろうと、ちょっと石の上に置いている間にアリが寄ってきました。
    蜜はでているのでしょうね、

    果実が・・・

    花粉がついてるようすはないのに、もう小さな果実ができつつあります・・・
    いったいどうなってるんだろう?変だ~~!ちゃんと種子もできているのにね。

    自然の中で

    街路樹や庭木としてきれいに剪定されたクロガネモチはよく見かけるけれど
    自然の中でノビノビと育つと、横に枝をはりだして大きく育っていました。

    -------------------------------------------------------------------------
    クロガネモチ
    分類  モチノキ科 モチノキ属
    分布  関東以西~九州

    自生のクロガネモチです。
    葉 葉柄は、紫色を帯び「クロガネモチ」の名の由来ともいわれる。
    果実 果実の大きさが6mm前後くらいで、果実を散形状につけてる。
    種子 果実の中には4~6個の三日月形の核がある。

    葉や果実は標本にすると黒く変色する。


    タンニンについては下記を参考にしました。
    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
    死環:樹の散歩道
    web拍手 by FC2

    5 Comments

    あすちー says..."pandaさん、おはようさん。"
    素晴らしい!体当たりの研究。
    私は鳥が好きじゃないので、鳥の気持ちもわからず
    まして実の味なんてまったく・・・。
    それにしても、やっぱし天然物が美味しいんやね。
    そこは鳥も人間も同じなんやぁ。
    葉っぱのタンニンの件は
    やっぱし煎じて飲んでみんとわからへんのとちゃうかぁ?
    うんうん、ポリフェノールたっぷりの「くろがね葉茶」
    一服どうどすえ~。
    落書きされたクロガネモチさん、恥ずかしいやろなぁ~。
    そうそう、我が家の二匹に昼寝していてその時はいていた白いチノパンにマジックでいっぱい落書きされたことを思いだしたよ~。
    2010.01.29 08:43 | URL | #- [edit]
    とんちゃん says..."クロガネモチ"
    街路樹や公園などでよく目にするあのクロガネモチ!
    小鳥たちにとってもあんまり美味しくないのね。
    そういえば一杯赤い実がいつまでもついてます。
    「死環」という言葉なんか初めて聞きました。
    ここにタンニンが集まっているから渋いの?
    味見して焼いてみて書いてみて!!!実験の結果が結集されました。
    クリスマスが近づく頃に赤い実がきれいに色づきますね。
    2010.01.29 09:23 | URL | #- [edit]
    panda says..."おはようございます"
    ★あすちーさんへ★
    あすちーさんの「それで、どうなん?」という声が
    頭の中でリフレインして、つい手が果実を口へ運びました…
    >葉っぱのタンニンの件は
    やっぱし煎じて飲んでみんとわからへんのとちゃうかぁ?
    ↑このコメントがリフレインしないよう頭から抹殺しようと思います。
    ぽんぽん痛くなるよって言って( ̄人 ̄)
    パパさん、クロガネモチを見たら是非落書きを!
    みんなが読んで笑えるような一言ね…

    それにしても、あすかちゃんちは楽しそう
    そのチノパンどうしたの?記念にとってる?

    ★とんちゃんへ★
    木の名前はまだまだ知らないのばかりで、
    この街路樹がクロガネモチだと今頃わかった私です。
    街路樹のクロガネモチは葉も果実も渋かったです。
    それに実をつぶしたり、葉を傷つけたりすると黒くなって、
    その原因がタンニン(ポリフェノール化合物)によるものだと書いてありました。

    クリスマスが近づく頃赤くなるの?
    とんちゃんはよく観察してるのね
    モチノキ科のヒイラギモチがクリスマスの彩りに使われてるのを思い出しました。
    12月に色づくから一緒なのね、ありがとう!
    2010.01.29 10:26 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says..."食べてみます"
    「モチ」というくらいだからおいしいのかな?と
    想像していましたが、まだ口にしたことはなかったです。
    近所の街路樹のクロガネモチは
    食糧事情が悪いのかヒヨドリがよく食べています。
    が、不思議なのはヒヨドリに好評な木と全く人気の無い木があるということ。
    熟し具合が違うのかと思ったのだけどそうでも無いみたい。
    それぞれ味がちがうのかな?
    食べ比べてみる??人間でも分かるかな?
    葉っぱにモジがかけるのは知りませんでした。
    しかし、まぁ、いっぱい書いて見られたこと。
    フフフ ヒヒヒ ホホホ。
    思わずわっはははは、でした。
    2010.01.30 16:54 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."ha-chanへ"
    こんばんは、ha-chan
    モチモチして美味しいかも^m^
    ってウソピョン、これは鳥の食べ物ですね…
    そうそう、よく見ると、街路樹のクロガネモチも食べられてる木があるのよね
    その木は渋くないのかも。誰もいないときに私も食べてみます^m^
    味の違いはわかると思うけど…山のクロガネモチは全然渋くなかったもの。
    ha-chan、私達のコメントを読んで笑ってる人がいるかもね。

    クロガネモチは葉が小さいので爪楊枝くらいで書かないと
    お手紙書けないね…
    2010.01.30 22:37 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/864-ab15d8b8
    該当の記事は見つかりませんでした。