花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…どんぐり
  • ツクバネガシ

  • ツクバネガシ

    花の少ない冬の間、ドングリ調べをしようと軽い気持ちではじめたのに、
    どんぶりことはまってしまった「どんぐりの木たち」…(*^-^*)ゞ
    江戸時代からここにそびえていることになる、樹齢 数百年という木々を見上げてると…
    すごいなぁ…ほれぼれ~ハート(赤)
    でも、現実は木が高すぎて、落ちてる葉とドングリ、近くの木肌や芽生えた葉っぱを結びつけて
    推測するしかなくて…あれこれ悩んだ結果、ツクバネガシとしました。

    ツクバネガシ

    葉が先のほうに集まって輪のようにつくから、羽根つきの羽根ににみたててツクバネガシ。

    自信がなかったので「このきなんのき」に問い合わせて、確認しました。
    ツクバネガシとオオツクバネガシは、ドングリで見分けることは難しいようです。
    それに、この一帯は、アカガシ、ツクバネガシ、オオツクバネガシが混生しているので、
    このツクバネガシもアカガシの血がまざってるかもです。

    散策してると、よく似たオオツクバネガシの枝があちこち落ちていました。それもドングリ付きでね
    … もしかして、ハイイロチョッキリのプレゼント? …(((o(^o^")o))) でもカシにつくかなぁ…
    それで、ツクバネガシと比べてみました。
    ドングリでは区別がつかないけど、葉があると違いがわかります。

    ツクバネガシ オオツクバネガシ クリックしてね
    ツクバネガシの特徴         オオツクバネガシの特徴

    オオツクバネガシは、アカガシとツクバネガシの間にできた雑種と推測されています。
    アカガシは葉柄が長くて、葉は大きく丸みがあります。
    ツクバネガシは葉柄が短くて、葉が細長いので、オオツクバネガシはその中間ってことで。
    -----------------------------------------------------------------------
    ツクバネガシ
    分類  ブナ科 コナラ属
    分布  本州(宮城・富山県以西)~九州

    冬芽 冬芽

    木肌 木肌
    小さな縦に並んだ皮目が多数ある。老木になるとざらめ状にはがれる。

    参考図書:「葉っぱで覚える樹木」柏書房 濱野周泰
         「日本どんぐり大図鑑」偕成社 徳永桂子
    web拍手 by FC2

    7 Comments

    yuuko says..."わお~~ん!"
    pandaさんは本当に勉強家ですね
    よく調べてアップして 偉いな~

    オオツクバネガシ、初めて聞いた名前です
    ツクバネみたいな葉っぱなんですね
    それにしても そちらには数多くの種類のドングリがありますね
    私だったらあっぷあっぷしそうです

    オオツクバネガシの殻斗(なんて読むの?)がすごく素敵ね~☆
    2010.01.17 20:22 | URL | #7PUYXG.I [edit]
    panda says..."yuukoさんへ"
    yuukoさん。こんばんは。
    北海道はドングリの種類少ないですか?
    分布を見ると、北海道は入ってないのおおいよね。
    殻斗は「かくと」と読みます。
    ドングリの帽子というかパンツといいうか…
    殻斗のカタチがリング状だったり、うろこ状だったり、イガイガだったり、包み込んでたり
    まずそこから区別して、種類を絞っていくの
    ドングリ好きのyuukoさん、、秋には長崎で見ることができるドングリを
    封筒にザラザラ入れて送るよ(^O^)/
    2010.01.17 22:49 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    とんちゃん says..."ツクバネガシ"
    どんぐり探しが相変わらず続いてお勉強も相変わらずいっぱいして寒くてもpandaさんは元気いっぱいですね。
    名前のことまでたどりつくところが偉い!
    私もどんぐりを見るとついついpandaさんのことを考えるようになっちゃった
    帽子の形も色々あってたかがどんぐり されどどんぐりなんですね。
    2010.01.18 07:48 | URL | #- [edit]
    Hiromi says..."樫の木"
    おはよう、pandaちゃん。
    そうよね。どんぐりといえば樫の木なんですよね。しいの実とかかしの実とか、よく子どもの頃絵本でも見てました。
    確かに羽根付きの羽根の部分にそっくりですね。
    冬はわりと暇してたpandaちゃんだけど、新しいターゲット発見ですね。
    これからも楽しみにしています^^
    2010.01.18 08:10 | URL | #- [edit]
    panda says..."おはよう!"
    ★とんちゃんへ★
    とんちゃん、おはようございます。
    長崎は今日もお天気です。こんな日はお散歩気持ちよさそう。
    ドングリね、名前までたどり着く間にいろんなことがわかったの
    食べられるドングリや、ドングリ料理
    ハイイロチョッキリが木の枝を落とすこととか
    そんなことが楽しくて、ドングリを拾って帰ります。


    ★hiromiちゃんへ★
    hiromiちゃん、おはよう
    カシとか、ナラとか、シイとか・・・何のことだろうと・・・(*^-^*)ゞ
    私も知らなかったよ、
    そしてドングリが好きなのは、
    どうも子どもだけでなく大人も、動物も、虫たちも…
    それで、そのことがとても楽しいのです。
    なぜ、こうもドングリに惹かれるのか…( ´艸`)
    ドングリの好きな人、この指とまれって感じかも。
    2010.01.18 08:56 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says..."影響されてます。"
    pandaさんのドングリの記事が面白くて
    当然のように私も その影響を受けております。
    昨日も公園のクヌギの木の下でうずくまり
    何故かコナラらしきドングリを発見・・・
    コナラかどうか突き止めたくてその辺の木を
    見る、見つめる、目を凝らす、睨み付ける・・・。

    私の近くにもツクバネガシは見当たりません。
    夏なら探しやすいかなぁ。

    ハイイロチョッキリってドングリの中から
    もそもそ出て来る虫?
    シギゾウムシとは別なのかなぁ?
    昔、大量のドングリを拾って部屋において置いたら
    いたる所にもそもそ・・うじうじ・・・ぎやぁぁー!!
    気絶しそうでした。
    2010.01.19 00:21 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."ha-chan へ"
    ha-chan、おはようございます。
    ドングリ好きの指にとまってくれてありがとう。
    睨みつけられたコナラは、何て言ってましたか?
    「日本どんぐり大図鑑」偕成社 徳永桂子がとてもわかりやすくて、図書館にあると思うのです。見てみてね、お値段が高いけど内容はドングリだけなので2週間も読めば頭の中に入る内容です。何より実物大の葉やどんぐりがうれしい。
    それに東京の公園で観察した木が多いから、遊びに行ったついでに見ることが出来そうですよ。

    もそもそ出て来る虫は「くり虫」ってよんでたけど、ハイイロチョッキリやシギゾウムシみたい。よく出てくるよね。その生体を見てみたい(*^-^*)ゞこれは秋口にならないとダメだから、観察できそうなコナラの木を探しておかないと…
    くり虫、見た目は○○だけど、ハイイロチョッキリって思うとかわいいかも。
    それと、「どんぐり見聞録」っていうのが面白いよ。ha-chanは本も好きみたいだから、読んでみてね。
    2010.01.19 08:24 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/860-6e57b05d
    該当の記事は見つかりませんでした。