花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
未分類
  • 戦争のこと

  • 片島の魚雷収蔵施設

    お花の散策で立ち寄った海岸に、朽ち果てた廃墟がありました。
    何年か前に読んだ、横山秀雄の「出口のない海」で知った回天(人間魚雷艇)の試運転場として利用されていたところ?調べてみると確かに長崎に存在したのですね。
    静かな大村湾の小さな片島で遠い日々にくりひろげられた戦争の悲惨さをふっと肌に感じた日でした。

    この塔は魚雷発射監視所跡

    この日はあいにくの曇り空、戦争が終わり、人が去り、置き去りにされた時間がありました。

    片島の旧魚雷発射施設

    建物の内は、木々が枝を広げ不思議な感じがします。

    旧魚雷発射施設

    旧魚雷発射施設

    今は釣りや磯遊びをする人たちでにぎわっていました。すぐ近くの大崎半島にはスナメリがみえるといいます。夏休みのこの日も楽しそうな声が響いていました。

    今日は長崎の原爆の日です。

    ----------------------------------------------------------------------------------------
    参考ページ:魚雷艇訓練所跡 特攻殉国の碑 碑文
    web拍手 by FC2

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/749-ed5f67ad
    該当の記事は見つかりませんでした。