花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • オニヤブ騒動 オニタビラコでした!

  • オニヤブタビラコ?

    旅先で、ヤブタビラコとオニタビラコが混ざって咲いてる中に↑上のような花がありました。
    生物学の先生に、ヤブとオニは雑種を作るのかたずねたら、「作ります」というお返事を頂きました。

    ヤブタビラコ? オニタビラコ? オニヤブタビラコ?


    オニヤブタビラコの情報を集めながら、なんでこんなに情報がないのだろうと挫折。
    それから1年たって、オニタビラコはアカオニと(アオ)オニに分けられるとネットのBBSで知りました。

    オニタビラコとヤブタビラコ

    オニタビラコとヤブタビラコ

    クリックしてね

    冠毛があるのがオニタビラコ。ないのがヤブタビラコ。

    クリックしてね

    オニタビラコとヤブタビラコは属をこえて雑種になるという図鑑が1冊あった。
    Yリストにも、和名はないけど「ヤブタビラコ×オニタビラコ」というのがある。
    それが、真ん中のこれじゃないかと思ったわけです。クリックするともっと大きな画像があります。

    冠毛

    冠毛がある 冠毛がある

    謎のタビラコは、冠毛があるので、ヤブタビラコではない。

    根生葉

    最近はオニタビラコをアカオニとオニに分けていて、
    花茎が太く単立、茎に毛が多い。1枚目の写真のように茎葉がついている。
    草丈は大きく花茎は高く伸びる。自然度の高い山の林縁にありました。

    でも、これがアカオニタビラコなのかよくわかりません。
    環境や成長過程で変化しそうに見えるのです。

    アカオニタビラコ?

    --------------------------------------------------------------------
    いがりさんのページから

    「最近オニタビラコを,オニタビラコとアカオニタビラコにわける説がある。それによると,アカオニタビラコは花茎が太く単立。茎や葉は赤褐色を帯びる。上部の茎葉は小さく,最下の葉えきには側枝を出さない。花期が4-5月に限られる。一年草である。などのちがいがある。ただし正式には発表されていない。」

    参考ページ:撮れたてドットコム
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/710-5cf2fc4e
    該当の記事は見つかりませんでした。