花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
鳥・虫・生き物
  • 頑張れ!オオイタビコバチ

  • オオイタビ 雄果嚢

    オオイタビの雄果嚢が色づき、口が少し開いています。つつくと穴から花粉がパラパラ・・・
    いよいよ、コバチが飛び立つ時・・・

    冬の間ゆりかごの中で育ったオオイタビコバチのこと、おぼえてますか?
    初めに産まれたコバチの♂は、コバチ♀とカプセルごしに交尾して死んでしまいます。
    この時コバチ♂がカプセルあけた小さな穴から、コバチ♀が出てくるんですよ、
    今日は、そのコバチ♀が生まれてくるお話しです。

    コバチ♀は朝早く生まれます。ちょっとズルして自宅で観察しました v(^^*)
    6月 1日 晴れ 朝7時~8時 コバチ♀がたくさん生まれてきました。
       2日 晴れ 朝7時~8時 今日もたくさんのコバチが生まれました。
       3日 雨   コバチが生まれた気配がありません。
       4日 晴れ 生まれてくるコバチの数が少なくなりました。

    コバチ誕生

    頑張れコバチ!待ってたよ♪

    雄果嚢の中 クリックしてね。気持ちわるかったらごめん <(_ _)>

    雄果嚢を割ってみました。虫こぶと花粉を出した雄花です!
    コバチ♀が ♂が あけた穴から出てきました!
    コバチの誕生 クリックしてね 花粉だらけのコバチ♀ 花粉だらけになって脱出口に・・・

    外へ出たコバチ♀、モゾモゾと体中の花粉を飛べるように羽繕いしてるみたい・・・

    花粉だらけ ちょっと休憩 外へ出たコバチ♀

    しばらく休憩

    外へ出たコバチ♀は体勢がが整うまで、こうして果嚢にとまっています。
    朝8時、ちょんとつつくと風に吹き飛ばされそうなくらい弱々しいけれど、しっかり飛び立っていきました。
    ちゃんとオオイタビの花嚢にたどり着くのかしら・・・いってらっしゃい♪

    コバチの冒険へ続きます。

    -------------------------------------------------------------------------------
    無性期→雌性期→中間期の雄花のようすはこのページにあります。

    雌性期の雄花のようす
    おしべ

    両全性株(雄株)の花嚢の中での花期は、無性期→雌性期→中間期→雄性期と変動
    花粉を出すまでこんなに長い時間がかかるんですね、おもしろい!

    2次寄生蜂についてはアコウ(冬の果のう)にのせてます。

    2010/12/31
    コバチの体つくりについて、興味深いことをそよかぜさんから教えていただきました。
    「コバチの腹部には「花粉ポケット」と呼ばれる構造があり、花嚢を出る時に自然にそこに花粉が入り込み、次の花嚢に入り込む時もこすり落とされないようになっています」詳しくはそよかぜさんのページでご覧ください。
    そして、もっと面白いことがあるんですよ、コバチの中には花粉を運ばない裏切り者がいて、この続きもそよかぜさんのところで読んでくださいね。



    参考文献
    日本の野生植物 木本〈2〉 平凡社
    日本原色虫えい図鑑  全国農村教育協会
    日本産幼虫図鑑  学研
    花のゆりかごと空飛ぶ花粉
    年度別活動報告書:2005年 - JT生命誌研究館
    身近なイチジク属の植物の教材化
    web拍手 by FC2

    11 Comments

    yuuko says..."ふ~~~ん・・・・・"
    とってもややこしい仕組みなんですね
    分かったような
    分からないような・・・・・

    頭がこんがらがってきました
    2009.06.08 18:36 | URL | #7PUYXG.I [edit]
    panda says..."yuukoさんへ"
    そうだね。。。もっとわかりやすく書けるといいんだけど…ややこしいと自分でも思います。
    こんがらがらせてごめ~ん。ほんとはコバチが飛んで行って、雌花嚢にたどり着くところまでお話が続きます…
    2009.06.08 21:04 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    とんちゃん says..."観察"
    pandaさん、じっくり観察したんですね。
    生まれるのは今頃の時期なのかー
    蜂でもこのコバチは人を刺すことはないのかしら・・・
    難しいことを丁寧に調べられてすごいです。
    なんだか頭の中がぼーっとしてますけど・・・
    雌花嚢に入っていく様子なんて調べられるの?
    すごいなあ~
    この仕組み 外国の女性が調べていました。テレビで見たんですけど
    なんとかイチジクとかいう大きな木だった
    なんでも忘れちゃって・・・

    2009.06.09 08:05 | URL | #- [edit]
    虫のつぶやき says..."panda姉さん、おはようさん。"
    ひゃ~。
    おもしろいの掲載してはりますやん。
    かなりマニアック。
    がん見しるんウチくらいとちゃいますやろかぁ。
    また、切って中見るとこがよろしいなぁ。
    そんなpanda姉さん好きやわぁ~。
    2009.06.09 08:26 | URL | #- [edit]
    panda says..."おはよう(^O^)/"
    ★とんちゃんへ★
    オオイタビもイヌビワも今コバチが生まれる頃です。紫色になった果嚢があったらちょうど出てくる頃ですよ~。オオイタビコバチはアリに羽が生えたくらいの大きさです。
    なんだかね、おもしろくて…(*^-^*)ゞ誰のせいでしょう?↓のパパさんの影響?
    でもこれでスッキリしました。

    ★虫のつぶやきさんへ★
    虫マニアックのパパさん、花マニアックのなかなかさん、スミレと写真マニアックのKLXさん、私の身近にいる人たちはみんな○○マニアック!私が3年間でこんなふうに成長してしまったのは…ヾ(´▽`*)ノ♪
    >そんなpanda姉さん好きやわぁ~。
    私もパパさん好きやわぁ~。よろしくね!
    2009.06.09 08:57 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    KLX says..."切って・・・"
     こんばんは。

     切って観察してみる・・・壮絶な景色を見るかもしれないのに・・・(笑)
     オオイタビコバチに対する、あふれる愛情が感じられます。
     えっ!たどり着くまで?
    おぉ・・・大きな愛情が見えます。
    2009.06.09 19:43 | URL | #H6hNXAII [edit]
    panda says..."KLXさん、おはよう!"
    > 壮絶な景色を見るかもしれないに・・・(笑)

    もう、冬からずっと見かけるたびに半分に割ってきたんです。なにを今更って感じで割ってみたら、花粉が出てる!って喜んでしまいました…そばで見ていたお師匠さんのほうが「お!」って感じでしたよ v(^^*)
    確かに冷静に見てみると気持ち悪いかもと…小さな画像にしました…(*^-^*)ゞ
    でもねKLXさんやパパさんは喜んでくれると思ったんだ!
    2009.06.10 08:55 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    なかなか says..."頑張れコバチ!"
    花粉まみれのオオイタビコバチ・・・自分達とオオイタビの2つの生命を繋ぐために飛び立ってゆくんですね、ちょっと感動します。
    pandaさんの詳細な画像とレポートは、ほんとにすばらしいです。現在のweb上ではもっとも詳しいページの1つではないでしょうか。
    2009.06.10 21:50 | URL | #wLMIWoss [edit]
    panda says..."なかなかさんへ"
    なかなかさん、ありがとう。
    とっても楽しかったよ。花粉が出るのがいつなのか、この目で見てみたかったんだ。花が咲いて、花粉を出すまでこんなに長い時間がかかるんですね。これから、雌花嚢が成長していく過程がそろえば観察終了です。コバチってちゃんと自分が入る場所がわかるんですね、離れていても雌花嚢にたどり着いていました。匂い?不思議ですね。
    2009.06.10 23:16 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    かえで☆ says..."一気にお勉強しました!"
    うーん、凄い研究発表です。
    流石はなかなか先生のお弟子さん。
    その探求心には頭が下がります。
    最後に雌花嚢にちゃんと辿り着くんですね。
    オオイタビの生命とオオイタビコバチ自らの
    繁栄の為の行動は、冬から夏へ跨って…
    (シ_ _)シ ハハ~ッ 恐れ入りました。

    なかなか先生のお言葉に頷いてます。
    なかなか先生も大層お喜びですね。
    pandaさん これまでご苦労様でした。
    2009.06.13 12:49 | URL | #mn6gys/M [edit]
    panda says..."かえでさんへ"
    かえでさん、こんばんは。
    なかなか先生のお弟子さんは何人いるんでしょうね、みんな仲良しでホントに同級生みたいです。いろんな不思議を教えてもらって、それを自分のフィールドで見つけるのって楽しいよね。かえでさんのコメントを読んで、かえでさんのところへミツガシワを見に行ったり・・・(^O^)/
    鳥さんも最近は少し覚えてきましたよ!かえでさんのおかげだね。
    2009.06.13 20:38 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/705-ac6c45e3
    該当の記事は見つかりませんでした。