花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ヤマウツボ

  • むっくり

    ヤマウツボが1本むっくりと芽を出していました。

    二つ

    ならんで二つ・・・ずんずん山奥へ進んでいくと

    ヤマウツボのお花畑

    ヤマウツボがお花畑?を作っていました。
    う~ん、いろんなタイプの花があるけれど、
    お世辞にもかわいいとは言ってもらえないようなヤマウツボ

    ヤマウツボ

    林床にちょっとのぞいてる姿に「こんにちわ、探してたんだよ」とつぶやいた
    ウツボというと魚のウツボを連想してしまう私だけど
    「靫 うつぼ」(矢を携帯するための筒状の容器)にたとえてついた名前。
    でもヤマウツボの場合は、魚のうつぼに似てると思いませんか?

    ヤマウツボ

    花は下から咲きあがって、はじめめしべが1本でて
    いつのころがこの花のきれいな時だろう?

    はなの終わりごろ

    花の終わりごろです。

    他の植物にパラサイトしてるヤマウツボ



    --------------------------------------------------------------------------------------
    ヤマウツボ
    分類  ゴマノハグサ科ヤマウツボ属
    分布  本州(関東から)・四国・九州

    ヤマウツボは、葉緑素をまったく持たない寄生植物。
    ブナ科やカバノキ科の樹木に寄生する。

    クリックしてね

    萼は4裂し、毛多い。
    総状花序の淡紫色の花が多数つく。
    はじめ、めしべが出てくる


    クリックしてね

    花冠は先は唇形。下唇は上唇より短い

    この山のヤマウツボは植物目録にはケヤマウツボと登録されています。
    web拍手 by FC2

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/670-806ea431
    該当の記事は見つかりませんでした。