花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
湿地・水田の植物
  • コオニタビラコ ヤブタビラコ

  • コオニタビラコ (別名タビラコ)のロゼットです。


    コオニタビラコ


    コオニタビラコの小花は6~9個、花期は3~5月
    草丈がひくく、地面にひくく咲いてます。

    コオニタビラコの花

    でも、4月ごろのコオニタビラコはこれでもコオニタビラコ?って思うような姿になります。



    ヤブタビラコのロゼットです。
    よく見ると花茎が這うように伸びて、ロゼットの大きさはコオニタビラコよりずいぶん大きいです。

    ヤブタビラコのロゼット

    ヤブタビラコの小花は18~20個、花期は5~7月
    草丈は高くなり30センチくらいあったかも。

    ヤブタビラコ

    花茎の上部は枝分かれして 少数の葉をつけています。
    花後、頭花は下向きに曲がっています。
    ヤブタビラコはどちらかというと、林縁で見かけることが多いみたい。

    -------------------------------------------------------------------------------------
    コオニタビラコ
    分類  キク科 ヤブタビラコ属  
    分布  本州~九州

    そう果 種子

    ヤブタビラコ
    分類  キク科 ヤブタビラコ属
    分布  日本全土

    3cb4.jpg 種子
    web拍手 by FC2

    3 Comments

    yuuko says..."こんにちわ!"
    この記事 昨日読んだような気がしてるのに 日付けが今日になってるわv-405
    不思議ですね、夢かも知れない・・・

    うちにあるのはオニタビラコ
    咲いてるかどうかもわからないくらい小さな花が咲いて可愛いですが すごい増え方です
    30センチ以上の背丈になります
    折ると白い乳液が出ます

    ヤブタビラコも乳液が出ますか?
    この仲間はみんな食べられるのでしょうか
    美味しかったですか?
    2009.01.10 13:05 | URL | #7PUYXG.I [edit]
    panda says..."yuuko さんへ"
    yuukoさん、こんばんは
    (*^-^*)ゞ昨日、一回アップしたんです。でも途中でまた迷って、一旦下書きにして夕暮れ時に田んぼまで確認に行ってきました。そして再アップしたのが夜中です。
    北海道のは30cmくらいになるの?大きいなぁ…北海道は何でも大きくなるのかな?
    ここのコオニタビラコのロゼットは地面にへばりついてるけど、競合してるところのは草丈も高くなって15センチくらいあったかなぁ…田んぼ一面はびこってたよ。
    折ると白い乳が出ます。

    ヤブタビラコもたぶん出ると思うんだけど、この花を撮った時はちぎってないから確認してないの、今年は何でもやってみるね…
    こんな田んぼに咲く花なのに、疑問がふつふつとわいてくると花だけでなく、いろんなことが知りたくなります。春になったら北海道のオニノタビラコも見せてくださいね・・・
    美味しいかどうかは、みんな混ざってわからなかったです。七草の味ではいちばん主張してるのはセリ。他のはどんな味なのかよくわからないのです。今度おひたしにしてでも食べてみようか?( ´艸`)
    2009.01.10 22:55 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."yuukoさんへ"
    追伸

    間違えました、yuukoさんのところのはオニタビラコですね、こちらのも痩せて20センチしかないものから、大きいのは50センチ以上あるのもあるよ。これが一番多い。タンポポとか、キク科の花って食べられるの多いよね、調べていて、レタスもキク科なんだとわかって、どんな花が咲くのか気になって、検索してみたら・・・おお!タンポポ!葉っぱをちぎると白い乳もでるし、この花みてみたい!と母に畑に植えて貰うことに決めました。(自分で作らないところが・・・笑)
    そういえば、チコリの花も薄紫のタンポポだよ。カワイイよ。
    2009.01.11 09:02 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/602-e8f4d0f2
    該当の記事は見つかりませんでした。