花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • オオイタビ

  • オオイタビの果嚢

    探していたオオイタビの雌株の果嚢です。丸いです。
    ヒメイタビの2センチと比べると、5センチはあるので3倍以上に感じます。

    オオイタビの雌株の果嚢

    平凡社の図鑑には「花嚢は球形または倒卵形,熟すとやや紫色をおび,長さ3.5-5㎝,幅3-4㎝。」
    と書いてあるけど、完熟になると黒っぽい。

    完熟

    それにしてもオオイタビの雌株はあまりなく、あちこち歩いて回りました。
    そのかいあって、めでたく試食!糖度はヒメイタビのほうが高いみたい。

    オオイタビの果嚢

    オオイタビの雄株の果嚢です。形も色もさまざま・・・

    オオイタビの雄株の果嚢

    オオイタビの葉っぱの形も丸いのや細いのや・・・いろいろ

    オオイタビの葉

    でも、葉の側脈は中脈とは30~40度の角度でてるから、ヒメイタビ50~60度より鋭角
    だけど、ヒメイタビかオオイタビかよく迷うのは・・・

    オオイタビの若い葉

    オオイタビの若い葉の側脈がこんなに開いてるからかな?ヒメイタビと似てる・・・(;^_^A
    だけど、オオイタビは幼苗の茎や葉柄には伏した短毛が密生
    ヒメイタビの幼苗の茎や葉柄には褐色の開出する毛を密生するから、よく見たらわかる。
    というより、オオイタビの若い葉で比べると迷うので大きな葉を見てください。
    というわけで、オオイタビを探して旅をしてるうちに・・・いろいろとわかってきました。

    とろりと美味しい!

    オオイタビの果嚢はこんなにとろりと完熟です。
    種はたくさんできてるけれど、ザラザラした感じもなく、コバチも見当たらずなかなかの味です。

    この話は続くのでコメントは閉じています<(_ _)>

    web拍手 by FC2

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/573-5a695e25
    該当の記事は見つかりませんでした。