花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
ボランテァ日記
  • 草木染

  • 作品

    孫と一緒に草木染を楽しみました。
    これは4歳のみみちゃんが作った作品。
    ビー玉や木の棒を輪ゴムで縛って模様をつけました。

    タデアイ

    今年はタデアイの生育が悪く、たたき染めにするくらいしか育っていませんでした。
    初めにタデアイの葉を摘みに畑へ・・・

    たたき染め

    布の上に葉をのせて、ビニール袋をのせてたたきます。
    一枚づつ、丁寧にたたきますが、
    小さい子はセロハンテープで葉を止めたほうがたたきやすいようです。
    若い葉が濃くそまります。

    媒染

    布が乾燥したら水洗いして、焼きミョウバンで媒染
    木綿なので、青緑色に染まりました。

    サクラ

    サクラは枝葉を刻んで、重曹を加えてアルカリ抽出
    一回目の染液では黄色っぽく染ままり、2回目の染液では赤みがでてきました。
    緑の葉なのに、赤い色素を持ってるなんて面白いですね。

    煮染め

    30分間煮染めしたあと、色が出なくなるまで洗い
    焼きミョウバンで媒染

    色が薄いときは、もう一度染液につけて煮染めをすると濃くなります。

    この日は他にもキハダやヤマモモ、タマネギの染液がありました。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    *木綿の下処理*
    絹や羊毛は染まりやすいのですが、麻、木綿などの植物繊維は染まりにくいため下処理が必要です。たんぱく処理として豆乳などをしみこませる方法もありますが、手軽に柔軟剤で下処理してみました。

    サクラ染め

    右側は下処理なしです。
    左はサクラの葉を30分アルカリ抽出した1回目の染液で、30分煮染めしたもの
    真ん中は上のサクラの葉を再度利用して30分アルカリ抽出した2回目の染液で、30分煮染めしたもの。
    時間がたつと一回目の布も赤みが強くなりました。また染液は前日に作って用意すると赤みが強くなりました。


    web拍手 by FC2

    4 Comments

    ha-chan says...""
    こんばんは
    草木染はこの暑い時期にはとっても大変な労働だったんじゃないかと想像します。
    思いがけない色が出るのが面白いなと思いました。
    柔軟剤で下処理ができるとは知りませんでした。これなら手軽に・・・いや、ほかの作業も大変だゾ。
    昔読んだ本の(タイトルも内容もしっかり思い出せませんが)桜の幹の皮で染めたらきれいな桜色。桜の花の色は樹木の全身から生まれているんだという一節だけ覚えています。
    染め方時や時間で出る色が変わるのも面白いなと。
    お孫ちゃんたちも楽しい時間だったでしょうね。
    2019.08.09 22:04 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."☆ha−chanへ☆"
    暑い日が続きます、元気ですか?
    草木染め楽しかったです。やさしい色あいで毛糸を染めてセーターとか編めたら楽しそうですが、そんな暇ありませんよね。
    桜の花のピンクが木の全身から生まれている、ステキな表現ですね。絵を描くときも、きっとそんな色使いをするのがいいのかなと思いました。
    2019.08.11 22:50 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    これは面白そうですね。先日、アイの葉を傷つけてしばらくしたら藍色に変化しました。藍染めに納得しました。
    2019.08.15 15:02 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    タデアイの葉は折れたり、枯れたりしているのを見ると藍色ですよね。見た目はイヌタデに似てるのに、どうしてタデアイだけ青が含まれているんだろう?なんて思いました。
    草木染にはまりそうです。
    2019.08.17 00:30 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2529-42993596
    該当の記事は見つかりませんでした。