花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • コタニワタリ

  • コタニワタリ

    コタニワタリは、九州ではなかなか出会うことができません。
    今回は花友さんの裏山、うらやましい…(^^ゞ

    基部

    ここのは葉身25㎝くらいでしたが、
    図鑑には12-50㎝とあるので、「コ」といってもけっこう大きいのがあるんですね。
    基部は、両側に耳片をつくり心形、
    葉脈は叉状に分岐して平行に並び遊離。

    ソーラス

    ソーラスは中肋に広い角度でつき

    ソーラス

    包膜が真ん中から裂けているように見えるけれど
    別の主側脈に属する隣り合った小脈に向かい合ってつき
    包膜も向かい合って開いている…んだそうです。

    鱗片

    鱗片・・・写したんですがわかりにくい。

    環境

    湿った谷合に、たった2株でしたが守られていました。
    コタニワタリは見分けやすいので好きです。
    どこかでまた会えるといいなぁ

    ------------------------------
    コタニワタリ  小谷渡
    分類  チャセンシダ科  チャセンシダ属
    分布  北海道~九州 日本海側に多い
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    平家蟹 says...""
    >温帯のシダなので、九州ではなかなか出会うことができません

    えっそうなの、長崎は温帯じゃないの(^^;)
    もう既に温暖化が始まっているのかヾ(^^;)
    一度しかアップしてないけど秋吉台では比較的目にするような気がする。
    あるとこには群生しています、当たり前だけど。
    確かにコと付いているけど小さくはないよね。
    2018.11.10 18:56 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、ありがとう
    そうです、長崎は温帯でした… 意味するところは冷温帯のことなんだけど、図鑑には温帯としか書いてないです、コタニワタリは涼しいところにあるというのは私の思い込み?コタニワタリは日本海側に多く、石灰岩質が好きと書いたほうがいいかも。訂正しとくね。ありがとう。
    でも、長崎も日本海側で石灰岩質のところあるのに、コタニワタリはみたことがありません。秋吉台行きたいなぁ…
    2018.11.11 06:14 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    平家蟹 says...""
    冷温帯ですか、亜熱帯や亜寒帯は聞くけど冷温帯はあまり聞かない言葉ですね。
    コタニワタリは比較的涼しい場所を好むんですね。
    そう言えば秋吉台でも石灰岩がゴロゴロしていて冷気が吹き出すような涼しい場所に群生しています。
    秋吉台へようこそ(^o^)丿、と言える日を待ってます(笑)
    何時迄もあると思うな残りの人生、私のことだけど(^^;)
    2018.11.11 09:05 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    何時迄もあると思うな残りの人生
    これ、身に染みてわかります。膝を痛めてから山へは登れなくなりました。なだらかな歩きだと大丈夫なのですが。昔、ロープーウェイで行ける山は後回し!と思っていたけれど、その後回しにしていたところにしか行けないみたい (^^ゞ
    秋吉台歩けるのかなぁ…もう1年たつのにと思ったりしています。
    冷温帯ってなかったっけ?もう一回勉強してくる!
    2018.11.12 22:43 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2482-be5cdfca
    該当の記事は見つかりませんでした。