花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
湿地・水田の植物
  • アギナシ

  • アギナシ

    オモダカとアギナシの違いは難しいのだと思っていましたが
    秋のムカゴがない時期でもわかりそうです。

    葉

    矢じり型の葉身はオモダカより細い傾向があり、
    下の二つの裂片は上の裂片より短い・・・らしいけど
    葉が反っているので見た目では分かりにくいですね (^^ゞ

    葉先

    でも先が尖らないというのは見分けるポイントになりそうです。

    全体

    それから葉の高さより、花茎が伸びるので遠くからでもわかります。
    上の写真に、分かりやすいよう葉先にをつけてみました。

    花

    3輪生の総状花序の、下のほうに雌花、上に雄花をつけます。

    幼葉

    アギナシの名前の由来は、幼若葉がヘラ形で側裂片がないのでアゴなし。
    なのだそうですが・・・よく似たオモダカも若い葉は線形。
    雑草的なオモダカと比べて、アギナシは自然度の高い環境にはえます。

    ウリカワ オモダカ クワイ

    ---------------------------------------------
    アギナシ  顎無
    分類  オモダカ科 オモダカ属
    分布  北海道~九州
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    こちらもアギナシでしたね。オモダカとそっくりですね。私も、以前、葉の先端を並べて比較したことがありました。茎の根元にムカゴができるので、それでもわかりますね。
    2018.08.07 08:25 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    平家蟹 says...""
    多摩NTの住人さんちでアギナシを見たと思ったらこちらでも出てきた(^^)
    こうやって葉を見てみると確かにホッソリしていますね。
    図鑑などでは区別点で何かと葉先が丸いかどうか書かれていますが
    こうやって見ると確かに丸いけどアギナシと確認した後駄目だしの確認だろうな(^^;)
    自然度の高い湿地なんて当面あてはないから見る可能性の少なそう。
    2018.08.07 08:56 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    湖人 says..."ほっほー。"
    アギナシなんて言うのがあるんやぁ
    全てオモダカだと思っていたよ。
    先日、余呉湖に行ってあまりの暑さに行き倒れそうになった
    田んぼの中に元気よく咲いていたのは確かにオモダカ。
    葉っぱ大きく開いていたから〜。
    2018.08.07 18:45 | URL | #- [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    アギナシの名前の由来は、多摩さんのブログで知りました。ありがとうございます。
    そして、多摩さんも書いてあったオモダカにも1枚葉があるのにと、思いました。今回はまだムカゴはできていませんでしたが、全体の雰囲気でもわかるんだと思いました。
    2018.08.10 02:31 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは
    自然度の高い湿地って…秋吉台にはないの?(今平家蟹さんのブログを見てきた。他の場所だった)望遠で撮ってて、近寄れなかったみたいだけど「葉より高く花茎が伸びてた」みたいだったよ。このことは日本の水草って本に書いてあった。
    2018.08.10 02:36 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★湖人さんへ★"
    お久しぶりです。お元気ですか?
    余呉湖ってどこかしらと調べてみたら、琵琶湖の上のほうにあるんですね。
    今年の日本列島は沸騰してるけど、滋賀県も暑そうですね。細身の湖人さんなら、かなりの気温まで大丈夫そうですが、よほどの気温だったのでしょう?もう少しの辛抱です。頑張ってください。
    2018.08.10 02:50 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2465-d07c0fd3
    該当の記事は見つかりませんでした。