花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ミタケスゲ

  • ミタケスゲ

    初めて見るスゲです。
    特徴がはっきりしているので、見分けることができるかもと撮ってきました。

    有花茎

    図鑑とにらめっこして、ミタケスゲ?

    小穂

    頂小穂は雄性ですが写せていません。
    直下の雌小穂に隠れて、目立たないということです。
    側小穂は雌性、下方のものは長い柄があり直立、
    果包の長さ10㎜、雌鱗片は果包の1/2、果包は熟すと開出します。


    鞘

    包は葉状で有鞘

    全体

    葉は有花茎よりひくく、どれがそうなのか見つけることができませんでした。
    湿地内を歩き回ることがためらわれて、観察不足です。

    北方寒冷地要素の植物で、九州では大分が南限

    ----------------------------------------
    ミタケスゲ  御岳菅
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属 ミタケスゲ節
    分布  本州(中部以北)~北海道と図鑑にはあります。
    撮影地 大分
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2461-315df2fa
    該当の記事は見つかりませんでした。