花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
山の木
  • カンボク

  • カンボク

    カンボクという名は時々聞くのだけど、初めてです
    こんなにきれいだったんだ・・・^m^

    葉

    葉も3裂して、わかりやすそうだけど・・・
    葉っぱだけのときわかるかなぁ

    葉

    葉脈は3裂、葉柄基部には線形の托葉、先端ちかくには吸盤状の蜜腺がある。

    花序

    花序枝の周辺は不稔花、4-5裂して径2~3.5cm
    正常花の径は5mmくらい、果実は赤熟。

    カンボク

    果実に出会ったらわかりますように 

    全体

    カンボク「肝木」と書きます、肝と言う意味は[一番大切な」という意味があるけれど
    薬用植物だからかな。

    -----------------------------------------
    カンボク  肝木
    別名  ケナシカンボク
    分類  レンプクソウ科 ガマズミ属
    分布  本州(中北部以北)~北海道にふつう 本州西部ではまれ
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    去年、北軽井沢でカンボクの赤い実を見て、今年は花を見たいと思っているところです。遠いので花期に合うかどうかが心配ですが、今頃咲くのですね。
    2018.07.10 09:00 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    この花は5月末にさいていました。箱根旅行中に撮ったもので、なかなかまとめる時間が取れず、今頃になってしまいました。紛らわしくてすみません。
    私は赤い果実をみてみたいです。またどこかで出会えることを願って…関東に行ったときは歩いてみますね。
    2018.07.10 23:17 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2460-a34f5332
    該当の記事は見つかりませんでした。