花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • タツナミソウの仲間3種

  • シソバタツナミ

    シソバタツナミだろうなぁと思ったけど、各部の写真を確かめてみようと思います。

    咲き始め

    タツナミソウの仲間では小さくて、茎の節間が短く、
    葉は2~4対、やや3角状の卵形で、基部は切形~浅い心形

    大きいもの

    花序は1~6cmで、花冠は紫色、基部でほぼ直角に曲がって立ち上がる。

    茎の毛

    茎の毛は、シソバは上向きに曲がった短毛を密生するのですが
    やや開出ぎみなので、トウゴクシソバタツナミかもしれない。

    葉裏

    葉裏には腺点があります。
    という訳で、はっきり決めることができませんでした。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    オカタツナミソウ

    これはオカタツナミソウと名札がついていました。
    マツモムシさんのメモに、「オカタツナミソウの茎の下方につく葉は小さく、
    草体はふつう逆3角形に見える。」とありますが、ピッタリです。

    花

    花序は短く、数花が一方向に並んでついています。

    横むき

    花冠はうす紫色

    茎の毛

    茎には下向きの毛が密にはえています。

    葉

    葉は広卵形~3角状卵形で、あらい鈍鋸歯があり、基部は切形。
    両面に毛がはえていました。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    イガタツナミ

    最後は庭に咲いているタツナミの仲間、オカタツナミソウなのかと思ったけど
    茎の毛のはえ方が違ったので、イガタツナミと思います。
    京都産です。

    花序

    オカタツナミと比べると、花序が長い。

    横から

    ガクには毛と腺毛がある。

    茎の毛

    茎の毛は開出

    葉表

    葉表

    葉裏

    葉裏、両面ともまばらに毛があり、腺点なし。

    全体


    今回は3種とも撮影は5月末です。
    タツナミソウの仲間は難しいです。九州のもまだわかっていないのに・・・

    ---------------------------------------------
    シソバタツナミsp  紫蘇葉立浪
    分類  シソ科  タツナミソウ属
    分布  本州(福島県以西)~九州
    撮影  箱根湿生花園内

    オカタツナミソウ 丘立浪草
    分類  シソ科 タツナミソウ属
    分布  本州・四国
    撮影  箱根湿生花園

    イガタツナミ  伊賀立浪
    分類  シソ科 タツナミソウ属
    分布  本州(福島県以南)・四国
    産地  京都
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    平家蟹 says...""
    タツナミソウは難しい、ほんと難しい(ーー;)
    もう地元で見られるのだけでも区別できればいいかなと。
    でもシソバタツナミソウは見てみたい。
    やはり葉が丸っぽいよね、葉脈の赤紫色は必須なのかな、そうでもないような気がする。
    トウゴクシソバタツナミなんてのもあるんですか、もう無視無視(^^;)
    一応秋吉台にもあるそうだけどちょっと疑問に思ってる。
    2018.07.09 21:18 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    ブリ says...""
    pandaさん、こんにちは。
    お見舞いありがとうございました。
    長崎の方が豪雨で気になっていたのですが、
    あっという間に豊能に雨雲がやってきてしまって、
    お見舞いにもうかがえずにすみません。
    すごい雨でしたが、
    こちらは辛うじてお山の保水力で
    持ってくれたのではないかと思っています・・

    シソバタツナミソウに似た子16年6月12日に撮っています。
    その後、しらべるとホクリクタツナミソウという子もいるみたいで、
    わからなくなってからは、タツナミソウのお仲間にしてしまいました。
    最近そういうのが多くなっています・・
    2018.07.10 18:09 | URL | #- [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは。
    タツナミソウの仲間は難しいですね。長崎は数が少ないからいいけど、よその県に行くと消去法で考えないとたどり着けません。それでも、果実期しかわからないのか…とか、一回見ただけでは観察点が足りなくて歯がゆい思いをしたり…

    シソバは斑のないものも多いようです。そうなると私は気が付かなかったりするかも。背丈が低くて小さいタツナミソウを見たら、要注意かもね。
    2018.07.10 22:31 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★ブリさんへ★"
    ブリさん、こんばんは
    そちらの自然は豊かなのですね、ちょっとやそっとの雨でも森が蓄えてくれる。
    そちらのタツナミそうの仲間は大変みたいですね。似たのがいっぱい!ホクリクタツナミソウを調べてみたら、コバノタツナミとは果実期まで待たないといけないみたいだし・・・
    仲間でいいのではないかなぁ、私はキノコはほとんどそれです。〇〇の仲間(^^ゞ

    おやすみなさい
    2018.07.10 23:30 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2458-dc28dac5
    該当の記事は見つかりませんでした。