花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
外来植物
  • チチコグサモドキ

  • チチコグサモドキ

    「初めて見るチチコグサの仲間! 
    これで行き詰まっていたチチコグサの仲間がわかるかも・・・と、
    こんなもので喜んでいる。

    葉の両面

    念のため、裏が白くないか確認 

    咲き始め

    葉は開出して、先は丸く、ちょっと尖っている。
    触ると柔らかくて 全体白い軟毛で覆われてる。

    花序

    花序は上部の葉腋に固まってついて

    花

    総苞片は楕円状披針形、背面には白い綿毛

    茎

    茎の毛の拡大

    葉の両面

    葉には両面綿毛があるけれど、表面のほうがうすい。

    チチコグサモドキ

    大きな株は、茎が基部で分岐する

    根生葉なし

    根生葉はない

    芽

    周りにはまだ芽がでたばかりのもあり、花期は長いみたい。

    -----------------------------------------
    チチコグサモドキ  父子草擬き
    分類   キク科  ウスベニチチコグサ属
    原産地  北アメリカ
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    平家蟹 says...""
    ウラジロチチコグサを知って暫くしてからチチコグサモドキを知りました。
    でもその後もなかなか見かけずネットなどで見ていても区別が難しそうで見逃している可能性もあるかなと思いました。
    でも冬の公園散歩で見慣れぬチチコグサを見つけチチコグサモドキとわかった時は嬉しかったですね(^^)
    葉の裏を見れば確実ですが表側も色艶が大分違いますね。
    今ではむしろモドキの方が多いんじゃないかと思っています。
    あらためてマイブログを見てみるとウラジロチチコグサ一度しか撮ってないな(^^;)
    2018.05.06 19:40 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、おはようございます。
    私も、ウラジロチチコグサとウスベニチチコグサしか知らないときは、他のが想像つかなかったのですが、このチチコグサモドキをみたとき見た目で区別できるとうれしくなりました。そのあとは、すぐ近くに細葉があって、すぐタチチチコグサなんだろうなと思いました。
    造成地を歩かないので、このチチコグサの仲間がどのくらいあるのかわからないすが、この公園には、ウラジロもチチコグサもモドキもタチも、たくさんありました。すみ分けてるようでウラジロはあちこちに顔を出してる感じです。
    それから、こんなところのハハコグサはひょろっと背が高く、外来種?と思いませんか?花期のおわりはこんなになるのかなぁなどと考えながら歩きました。
    2018.05.07 07:50 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2443-c5561797
    該当の記事は見つかりませんでした。