花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
街路樹・公園・庭木
  • クロマツ

  • クロマツ

    長崎の松の内は1月7日まで、今日しめ縄を片付けます。
    それで、お正月に欠かせないマツについて調べてみました。
    身近な木なのに、知らなかったこと多し・・・(^^ゞ

    一昨年の果実

    拾ってきた松ぼっくりは一昨年の果実

    昨年の果実

    冬芽の脇についている小さな松ぼっくりは、昨年のもの
    春になると新枝のてっぺんに雌花が咲きます。
    クロマツの冬芽の鱗片は白、

    痛い

    葉は2葉、硬くて、先は尖って痛い。

    大きさ

    平均的な葉と果実をはかってみると
    葉の長さ10㎝くらい 果実の長さ5㎝くらい
    木によっては、葉の長さが長いものもありました。

    樹皮

    樹皮の色が黒っぽいからクロマツ

    松並木

    マツはあちこちに植栽されているので、自生のクロマツってどうなのかな

    公園のマツを報告しました。

    ---------------------------------------
    クロマツ 黒松
    分類  マツ科 マツ属
    分布  本州(青森以南)~沖縄
    web拍手 by FC2

    7 Comments

    神戸の望月 says..."マツの葉の裏表"
    pandaさん、おはようございます。

    既にご存知かもしれませんが、裏表がはっきりしないようなマツの葉にも、植物学的に明確な表と裏があります。
    クロマツやアカマツの葉の横方向の断面を観察すると半円形になっています。
    顕微鏡で見れば、その半円形の平らな方に木部(もくぶ:根から吸収した水や養分を葉などに運ぶための道管がある部分)があり、丸い方に篩部(しぶ:葉などの光合成で作られた糖などを運ぶための篩管がある部分)のが分かります。
    幹や枝では木部が内側、篩部が外側にくっついて位置しており、そのまま並んで葉の中まで伸びています。そしてそれが細かく分かれたものが葉脈です。
    木部と篩部が並んで枝から葉の中に入ると、葉の上側(表)に木部が、葉の下側(裏)に篩部があることになります。
    つまり、アカマツやクロマツの葉では、半円形の断面の平らな方が表、丸い方が裏になります。

    アカマツとクロマツの自然交配種であるアイグロマツ(アイアカマツ)は両者の混生地ではよく見られます。
    アカマツに近いものや、クロマツに近いものなど様々ですが、いかにもアカマツのような特徴を多く持ちながら、葉先がしゃんとして触れると痛いようなものが分かりやすい例です。
    2018.01.07 09:30 | URL | #- [edit]
    神戸の望月 says..."訂正とお詫び"
    上のコメントで、ちゃんと書けていなかった所を訂正します。
    松葉の断面の説明で、「丸い方に篩部(しぶ:葉などの光合成で作られた糖などを運ぶための篩管がある部分)のが分かります。」と書いた箇所を、「丸い方に篩部(しぶ:葉などの光合成で作られた糖などを運ぶための篩管がある部分)があるのが分かります。」に訂正します。
    申し訳ありませんでした。
    2018.01.07 18:58 | URL | #- [edit]
    平家蟹 says...""
    クロマツは痛い、アカマツは痛くないで識別してる(笑)
    木肌の色で区別するのは慣れないと難しいかなと思う、
    6枚目の写真だって赤っぽく見えるし(^^;)
    秋吉台では両方見られますがアカマツの方が多いような気がします。
    2018.01.07 19:19 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★神戸の望月さんへ★"
    お返事が遅くなってすみません。
    マツの葉の仕組みについて教えていただき、ありがとうございました。
    実は、私が案内している山にもアカマツがあるのですが、アイグロだと思います。(調べていてアカマツに似ているのをアイアカマツ、クロマツに似ているのをアイグロマツ、全くの中間をアイノコマツとよぶと書いてありましたので、もっとよく観察してみます。
    松葉の断面もアカマツとクロマツでは樹脂道の位置がちがうことがわかりました。果実の大きさも違うので、一度純粋なアカマツを見てみたいです。
    2018.01.08 14:20 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんにちは。
    しばらく雨になりますね、外を歩けないのが残念!
    確かに、樹肌が赤っぽく見えますね。ここのは植栽なので純粋なクロマツではないのかもしれません。葉や果実はクロマツの特徴が出ているなと思ったので、樹名板のクロマツを使いました。でも、そこのところが、まだよくわからなくて…葉の硬さや果実の大きさ、樹皮の色…典型的なものを抑えたいです。
    2018.01.08 14:35 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    マツは身近な樹ですが、まだ詳しく観察していません。こちらの記事を参考にさせていただき、今年は私も少し調べてみようと思います。
    2018.01.08 17:26 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    マツというと園芸種があり、見分けにくいのかな?と思っていたのですが、基本のマツの数はそれほど多くなくて…でも雑種があるのでクロマツかなぁ、くらいしか言えないのかもしれません。でも、それだけでもわかるようになりたいなと思います。多摩さん一緒に勉強してくださいね。よろしくお願いします。
    2018.01.08 22:59 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2427-e5b65d17
    該当の記事は見つかりませんでした。