花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ミサキカグマ

  • クリックすると大きくなります。

    奥多摩の標高800mくらい、ナライシダみたいなんだけど・・・
    九州のナンゴクナライシダと雰囲気が違います。なにかな?
    ※間違ってました。ミサキカグマということで本文を少し訂正しました。

    葉面

    葉身は5角形状、3回羽状深裂、 なかほどの小羽片は上先
    葉面の長さは30㎝内外でした。

    最下羽片

    最下羽片が最大で有柄、
    小羽片は三角状で鋭突頭、二次小羽片は鈍頭

    頂羽片

    ソーラスは裂片の切れ込みの近くにつき

    ソーラス

    葉脈に背生

    包膜

    写りがイマイチですが、包膜は全縁
    葉柄中部より上には狭い鱗片がごくまばらにしかない。

    小羽片

    葉の表面は無毛

    鱗片

    葉柄は緑色、基部の鱗片は淡褐色~黒褐色

    最近、家族の世話で忙しく、更新が途絶えています。頑張ります。

    -----------------------------------------
    ミサキカグマ 三崎または岬カグマ
    分類  オシダ科  オシダ属
    分布  北海道(南部)~九州
    撮影  奥多摩標高800m
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    光田 重幸 says...""
     これはミサキカグマです。オシダ属になります。
     ホソバナライシダとの簡単な見分け方は、葉の表面が無毛であること。あと、小羽片の上先がはっきりしないところがある、草体が小さい、鱗片の色が濃い、葉質はナライシダ類より厚いなど、慣れれば区別は難しくありません。
     ミサキカグマは稀少種とはいえないのですが、神出鬼没で、深山の岩場から田の畔まで出てきます。覚えにくいシダの一つですが、中級ではぜひクリアしておきたい種類ですね。
    2017.10.18 19:34 | URL | #K/RYi3dc [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    ありがとうございます。マツモムシさんのミサキカグマによく似ていました。
    こまさんのホソバナライシダを見たとき、ちょっと違うなとは思ったのですが、他にたどり着けずにいました。没にしようかなと思っていたのですがアップしてよかったです。ミサキカグマは小さいのを一度見ただけで、成長したのを見たかったんです。
    それにしても、オシダ属の検索表は・・・迷路です! 

    ホソバナライシダとの見分け方もありがとうございました。
    2017.10.19 01:12 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2413-b57e68db
    該当の記事は見つかりませんでした。