花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ウマスゲ

  • ?

    ヤワラスゲにしては大きい気がするんだけど・・・
    ちょっと違う気がするというくらいで、ヤワラスゲと思ってました。

    ウマスゲ

    一つもらって歩いていると・・・ヤワラスゲに出会いました。
    持ってるのはヤワラスゲより一回り大きい!思い浮かぶのは、シオクグかウマスゲ
    シオクグはこんな山の中ではないし、ウマスゲかも 

    クリックすると大きくなります。

    ウマスゲとヤワラスゲの比較

    umasuge5a.jpg

    頂小穂は雄性、長さ2~4cmの長い柄があります。

    側小穂

    側小穂は雌性、長さ1.5~3cmで無柄。

    umasuge4.jpg

    果胞は雌鱗片より長く、長さ8-9mmとちょっと小さい。(図鑑10~12mm)
    長い嘴があり、口部は2歯。
    そう果はゆるく果胞に包まれ三稜形、長さ2,5mmくらい(図鑑3.5~4mm)
    ウマスゲにするにはちょっと小さめですか?

    umasuge5b.jpg

    苞は有鞘

    根茎

    基部の鞘は淡色で一部が赤味を帯びる。

    ウマスゲ

    果胞やそう果は図鑑の記述より小さめですが、付属体の形がウマスゲに似ているし
    頂小穂の柄が長いのでウマスゲとしました。
    梅雨には溜池になるような湿地の、林の中の一角にありました。

    次の目標はベンケイヤワラスゲとオニスゲ・・・頑張るぞ~♪
    -----------------------------------
    ウマスゲ 馬菅
    分類 カヤツリグサ科 スゲ属 ミヤマシラスゲ節
    分布 本州(関東以西)~九州
    撮影 長崎
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2399-d66e198d
    該当の記事は見つかりませんでした。