花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • シムライノデ

  • クリックすると大きくなります

    私ではシムライノデは気づけそうにありません。
    ぱっと見た目では、イノデモドキやアイアスカイノデなどに似ているようで
    見落としてしまいそうなイノデで、

    シムライノデ

    横から見たところ。
    膝丈くらいの、優しい感じのイノデでした。

    葉柄

    鱗片が大事だと教えていただいたので

    葉柄基部

    まず、葉柄基部の鱗片は広被針形で黒褐色のものが混じっています。

    葉柄中部

    葉柄中部の鱗片は栗色で辺縁が淡く、毛状の突起が見えます。

    中軸

    中軸の鱗片にも褐色の部分が残り

    中軸の鱗片

    こんな感じです。

    葉表

    葉表、小羽片の大きなものは三角状卵形、先端は刺状、鋸歯も刺になります。
    葉色は緑、多少つやあり。

    ソーラス

    ソーラスは少し辺縁より、最下羽片にはついていませんでしたが
    耳片だけにつくということはありませんでした。

    拡大

    拡大してみます。

    苞膜

    苞膜がはっきりしませんが、不規則に浅裂といったほうがいいのかな?

    ここにはイノデモドキやサイコクイノデなどが混生していたので
    よく探せば雑種があるのかもしれません。

    ----------------------------------------
    シムライノデ 
    分類  オシダ科 イノデ属
    分布  関東 中部
    撮影  東京
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2395-0135ab52
    該当の記事は見つかりませんでした。