花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • シムライノデ

  • クリックすると大きくなります

    私ではシムライノデは気づけそうにありません。
    ぱっと見た目では、イノデモドキやアイアスカイノデなどに似ているようで
    見落としてしまいそうなイノデで、

    シムライノデ

    横から見たところ。
    膝丈くらいの、優しい感じのイノデでした。

    葉柄

    鱗片が大事だと教えていただいたので

    葉柄基部

    まず、葉柄基部の鱗片は広被針形で黒褐色のものが混じっています。

    葉柄中部

    葉柄中部の鱗片は栗色で辺縁が淡く、毛状の突起が見えます。

    中軸

    中軸の鱗片にも褐色の部分が残り

    中軸の鱗片

    こんな感じです。

    葉表

    葉表、小羽片の大きなものは三角状卵形、先端は刺状、鋸歯も刺になります。
    葉色は緑、多少つやあり。

    ソーラス

    ソーラスは少し辺縁より、最下羽片にはついていませんでしたが
    耳片だけにつくということはありませんでした。

    拡大

    拡大してみます。

    苞膜

    苞膜がはっきりしませんが、不規則に浅裂といったほうがいいのかな?

    ここにはイノデモドキやサイコクイノデなどが混生していたので
    よく探せば雑種があるのかもしれません。

    ----------------------------------------
    シムライノデ 
    分類  オシダ科 イノデ属
    分布  関東 中部
    撮影  東京
    web拍手 by FC2

    10 Comments

    ☆ほし says..."シムライノデの産地"
    だいぶご無沙汰の書き込みで申し訳ありません。

    このシムライノデの生育場所は、現在、樹木の伐採が進んでいて、絶滅が危惧されています。
    有志の方々で生育地の保存の働きかけを始めたようですが、地元の資料館(博物館)はシムライノデのことを全く知らず、やっと貴重なシダの存在を知ったようです。

    ツヤナシイノデとの雑種と思われるトウキョウイノデのtype localityでもあり、何とか保護したいものです。

    2018.10.20 16:51 | URL | #- [edit]
    panda says..."★ほしさんへ★"
    ほしさん、お久しぶりです。
    樹木の伐採、心配ですね。どこにどんな希少種があるのか、どこまで把握しているのか?作業をする人は見分けられるのか…いろんな心配があります。最近は太陽光発電や風力発電なども、行ってびっくり!状態です。
    ほしさんのように、きちんと見てくれる人がもっとたくさんいればいいのにと思います。

    今回は東北に行ってきました。ナライシダやヘビノネゴザ、サトメシダ、サカゲイノデが普通にありびっくり。どれを見ても????でした。
    2018.10.24 02:04 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ☆ほし says...""
    忘れ掛けた頃のコメントで申し訳ありません。
    私がこの地を初めて訪れたのは50年ほど前のことですが、当時は植林された杉も背が低くて、およそシダの好むような環境ではありませんでした。
    シムライノデは直射日光を浴びて黄色っぽくいじけたようなものばかりが目につきました。
    シムライノデは、当時はごく一部の人たちだけにしか知られてなく、私はたまたまシダの大家のK先生を訪問したときに知りました。

    時間が経って環境もシダ好みになったのでしょうけど、できればこのままの環境を維持できたらと願ってますが、水源林なので難しいのかもしれません。
    先日、東京都のレッドデータに関わってる方に会いましたので、このことを伝えました。

    来週は、この場所の南側の今熊山に行ってきます。
    東京では珍しいウラジロの群落、マルバベニシダ、リョウトウイタチシダ、チャボイノデ(大きな個体がみられますが、本当にチャボイノデなのかどうか)などが見られます。
    ミドリワラビは、もう枯れてるでしょうね。
    2018.11.04 18:47 | URL | #- [edit]
    panda says..."★ほしさんへ★"
    ほしさんへ
    いろんな思い出のあるイノデなのですね。私にとってのシムライノデはほしさんに教えていただいた思い出のイノデです。ヤマユリのきれいな季節でしたね。
    イノデの仲間は身近にあるものしかわかりません。関東はいろんなイノデがありましたね。その雑種も含めると…すでに忘れてしまったかもしれません。
    最近物忘れがひどくて、頭の体操のためにもシダを見分けなくちゃ!
    2018.11.05 00:19 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ☆ほし says..."伐採"
    こんな記事がありました。

    https://mainichi.jp/articles/20180816/dde/041/040/023000c

    全文を読むのは有料とのことですが、無料で読める範囲でも内容は検討がつきますね。
    2018.11.20 23:03 | URL | #- [edit]
    panda says..."★ほしさんへ★"
    ほしさん、すごいですね。
    私がみたあの場所ですか?ここに何ができるのでしょう?環境を破壊してまで作らなければならいものって何なのでしょうか?植樹祭とか企業の森林つくりという名目で、森を伐採してサクラやツバキをスギ、ヒノキを植えるなんてこと、近くであってます。最近は風力発電、太陽光発電とみるみる山が削られています。その一方で放棄水田はやぶになり、里山の生物たちも絶滅しつつあります。どういうふうに守っていけばいいのかなぁと思います。
    もう、ボランティアではやっていけないような気がします。
    2018.11.20 23:27 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ☆ほし says..."伐採"
    直接、見に行ったわけではないので何ともいえませんが、画像の後ろ側に山が見えてますから、川の左岸の群生地(林道脇)と思われます。

    あのとき(昨年)には川沿いの右岸に新たに道がつけられていて、伐採はその周辺でしたが、画像を見る限りでは林道の両側が伐採されてしまったようですね。
    単に伐採しただけでなく、画像からは林下がかなり荒れてるようにも見えますので、復活は難しいかもしれません。

    シムライノデは他の数カ所(山梨県、神奈川県)でも見つかってますが株数はほんの僅かで、まとまった株数が見られるのはこの地だけです。
    現在のところ日本特産種と考えられてます(中国産の類似種との比較の問題はあるようですが)。
    ツヤナシイノデとの雑種であるトウキョウイノデも、ここで見つかりました。

    東京都のレッドデータの調査(とりまとめ)に関わっている方にも伐採の件は伝えてあります。

    事前の植生調査もせずに伐採とか、それにしても残念です。
    2018.11.21 13:29 | URL | #- [edit]
    hnd says..."こんなものか?"
    伐採にも怒りを覚えますが,
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534423930/
    こんなのを見ると,むしろ絶望を感じます.
    日本民族は自然に寄り添って生きてきた,などというのは迷信・妄想の類なのでしょう.
    日本民族(の大多数)は自然が大嫌いなのだなあ.
    2018.11.21 17:24 | URL | #PSeUZb.E [edit]
    panda says..."★ほしさんへ★"
    こんばんは、ほしさん
    やっぱりあの山だったのですね。残念ですね。
    仮に事前に調査していたとしても、シムライノデを見分けることができるかどうかも問題ですよね。どんなふうに対処していけばいいのでしょうか。
    個人所有の山だったりすると、保護することはさらに難しくなりますよね。

    自分がしている植物観察でさえ環境破壊なのかもと思うようになり、最近はおそるおそる歩いています。
    2018.11.21 23:42 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★hndさんへ★"
    hndさん、お久しぶりです。
    お元気ですか?紹介していただいたスレ読みました。あきれてしまって、最後まで読む気になれませんでした。
    hndさん、東北のシダを見て回りました。長崎にないものがたくさんで面白かったです。そんな楽しみを、共有できる人たちって一握りなのかもしれませんね。
    2018.11.21 23:47 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2395-0135ab52
    該当の記事は見つかりませんでした。