花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • サカバサトメシダ (屋久島)

  • サカバサトメシダ

    これがサカバサトメシダ?
    どのくらいの長さがあるのかわからない長崎のものとは全然違います。
    とっても小さい屋久島仕様? (^^ゞ

    最下羽片

    それで問題になるのは、サカバイヌワラビとの区別
    サカバサトメシダは「羽片基部近くの裂片が独立した小羽片」ということです。

    ソーラス

    こんなに小さくてもソーラスはついていて

    拡大

    毛裂

    根茎

    ボケちゃったけど、根茎は固まってます。鱗片も広め。

    たくさん

    暗くてジメジメしたところでは、ときどき見かけました。
    小さいので気が付かないのかも。

    -------------------------------------
    サカバサトメシダ  逆葉里雌羊歯
    分類  イワデンダ科 メシダ属
    分布  四国 九州南部
    撮影  屋久島



    web拍手 by FC2

    12 Comments

    こまつな says...""
    pandaさん、ありがとうございます。
    サカバサトメシダの屋久島タイプですか、大きさが大分違いますね。
    始めてみるし、ほんとに何だろう?とたどり着けないでいました。
    2017.07.07 13:59 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."★こまさんへ★"
    こまさん、おはようございます。
    梅雨明けした沖縄がうらやましいです。長崎の雨はやっと降り始めたという感じですが、九州の北部はかわいそうですね、毎年九州のどこかで被害が起こっているようです。

    サカバサトメシダはhanamisutoさんに教えていただいていたのでわかりましたが、このメシダ属の仲間で2つわからないのがあるんです。さっぱり見当がつかなくて、こまさんも撮ってる?フェンスの中のヘビノネゴザみたいなのと、岩にくっついていたイワトラノオみたいなの・・・これがわかるシダは終わりなんだけど・・・ 
    2017.07.08 09:04 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    こまつな says...""
    う~~ん、撮っていないかも。
    私はコケシノブ科やハイホラの仲間で判らないというか、肝心なところが撮れていなくて、保留があります。
    屋久島は特別な場所だから難しいね。秋田のスゲもこの後やらなくては。。
    pandaさん、来週から忙しくなるね。無理せずゆっくりやろう~。
    2017.07.08 23:02 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."★こまさんへ★"
    こまさん、こんばんは。
    そうかぁ・・・撮れていないところを助けてもらうわけにもいかないね。しょうがない、またの楽しみにとっておくことにしましょう。今回のシダ調べで屋久島で気をつけてみなければならないシダがわかったみたいです。また行こうね。
    2017.07.09 00:06 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    たけ says..."始めまして!"
     始めまして!
     北海道在住の「たけ」と申します。

     初めての投稿なので、不手際等あったら申し訳ございません。

     中学校時代に光田先生の「しだの図鑑」に出会ってシダ観察が趣味になり、現在シダ歴17年くらいです。

     このサイトは大分以前から楽しく拝見させてもらっていました。

     シダに関する解説、種類、写真の豊富さに関して、日本有数のサイトだと思っています!
     (上から目線に聞こえたらすみません。)

     私も一度だけ屋久島に行ったことがあるのですが、そのときは大型のシダにばかり心奪われてしまっていました。
     「サカバサトメシダ」のような小型で希少なシダにまで目をつけるのはすごいですね!

     私も長崎のような西日本に住みたいです・・・。


     
    2017.07.09 15:52 | URL | #- [edit]
    panda says..."★たけさんへ★"
    たけさん、はじめまして。
    うれしいコメントを置いてくださって、ありがとうございます。
    私の何倍もシダ歴がおありになるたけさんに、つたない覚書のようなブログをほめていただきうれしく思います。きっと光田先生のご指導や、フィールドで教えていただいた花友さん達のおかげだと思います。

    北海道にお住まいということで、寒いところのシダはほとんどわかりません。教えてくださいね。
    2017.07.10 01:57 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    たけ says..."pandaさんへ"
    早速のお返事ありがとうございます!

    シダ歴は無駄に長めな私ですが(笑)、シダの観察経験、知識量はpandaさんに負けてしまっていますよ。
    pandaさんの好奇心や勉強熱心な姿勢と、花友さん達のフィールドでの経験知、光田先生の学術的なアドバイスが相乗効果を生んでこのような素晴らしいサイトが出来上がったのだと思います。

    光田先生もきっと、pandaさんへの指導のやり甲斐を感じてこられたことと思います。

    あと、北海道のシダもいいですが、個人的にはやはり南国のシダが魅力的ですね。
    自分が特に好きなのはDiplazium属で、中でもコクモウクジャク類のフォルムがかっこよくて大好きで、フィールドで何度出会っても惚れ惚れします(でも、コクモウクジャクをかっこいいと褒めてる人ってまだ会ったことがないんですよね。。。)

    ちなみに、私もシダだけでなく、植物、キノコ、野鳥など自然全般に興味があります。

    これからもpandaさんの活躍とこのサイトの発展を陰ながら見守っていこうと思っています。
    2017.07.10 20:38 | URL | #- [edit]
    panda says..."★たけさんへ★"
    たけさん、こんにちは
    雨が上がり、せみ時雨の長崎です。みーんみーんなんて鳴きません。じゃかじゃかうるさいんです。

    そうですね、光田先生から教えていただくようになって、シダの見方が変わりました。でも、最近は陰でこそっと見守ってくださってるみたいです。頑張らなくては・・・

    時々コメントを残してくださる北国のhudさんも、南方系のシダを楽しみにしていらっしゃいました。Diplazium属といえば、私は苦手で・・・ヒロハノコギリシダとオオバノコギリシダの典型を知りたいのですが、どれもどこかちょっと違うかと、なかなかアップできません。フォルダの中にため込んで腐海の底に沈み込んでいるシダがいっぱいあります。やはりシダは手ごわいです。

    これからも、どうぞよろしくお願いします。
    2017.07.11 11:49 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    たけ says..."pandaさんへ"
    こんばんは。

    長崎は、もうセミがうるさい季節なのですね!!

    私の住んでいる苫小牧は、山林にエゾハルゼミとエゾゼミ類、エゾチッチゼミが生息しているだけで、街中や平野部でセミの声を聞くのは年に1~2回だけといった感じです。
    本州に住んでいたころに聞いていた、初夏のヒグラシ、真夏のミンミンゼミ、晩夏のツクツクボウシなどの鳴き声は趣きがあり、全く聞けないのは寂しくも感じます。

    Diplazium属については、そこまで迷ってしまうほど多数の個体をじっくり観察できる環境に恵まれていることが羨ましい限りです。
    私は年に1回くらい南紀などに旅行に行って、数日間の観察しかできないもので。
    時間も限られているので、初めから変異の多様さを楽しむくらいの気持ちで観察してしまっています。
    光田先生の言葉を借りれば「よしなに」観察していると言っていいのでしょうか。

    こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
    2017.07.11 19:18 | URL | #- [edit]
    panda says..."★たけさんへ★"
    たけさん、こんにちは。
    昨夜は雷もうるさくて眠れませんでした。

    北海道の蝉の声聞いてみたいです。山で聞く蝉の声は趣があるのですが、街中のクマゼミは一層暑苦しく感じてしまいます。今も蝉時雨ですよ。

    私にとっては「よしなに」ほど難しいことはありません。それだけ経験値がたりないのですよね。もっとたくさん見なくてはと思います。そうこう書いているうちに光田先生のコメントが入り喜んでいる私です。
    2017.07.12 11:34 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    たけ says..."pandaさんへ"
    こんばんは。

    クマゼミですか!
    クマゼミといえば、東北地方出身の私には子供のころから憧れのセミでした。
    大学生時代、クマゼミを見るために青春18切符で関西まで行って、初めて見たときは感激したものです。
    西日本の人には信じられないような話かもしれませんね。

    光田先生やpandaさんの「よしなに」はさんざん悩んだ挙句たどり着くような境地かもしれませんが、
    私は最初から「よしなに」観察しているので、レベルには天と地ほどの差がありますよ(笑)。

    長々と何度も書き込んでしまい失礼しました。
    それでは、東京での観察報告も楽しみにしております。

    2017.07.12 20:14 | URL | #- [edit]
    panda says..."★たけさんへ★"
    クマゼミ、うちの庭にも抜け殻がいっぱい・・・(^^ゞ

    冬の北海道へ行って、流氷にのったり、雪の上に人文字を描いたり、私にとっての北国はあこがれです。お花畑のような山も、一度は訪ねてみたいと思っています。体力があるうちにと思うのですが、なかなか思うように動けません。こうなったら体力を落とさないように、頑張らなくてはいけませんね。

    明日は東京、行ってきま~す。
    2017.07.12 23:31 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2385-8d1ab3b1
    該当の記事は見つかりませんでした。