花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • コウボウシバとシオクグ

  • コウボウシバ

    いままでは、「コウボウシバ!」と胸を張って言えてたのだけど、知らなかっただけ
    屋久島から帰って、ずっと悩み続けていました。
    というのは、コウボウシバも生育がよいと、シオクグに似てくると教えてもらったからです。

    小穂

    小穂の長さ1,5-3cm、拡大してみました。
    雌鱗片は果包と同じくらい長いので、コウボウシバでよさそうです。
    また、基部の鞘には葉身がなく赤みを帯びています。葉幅は3mm前後。

    果包

    果包はコルク質で無毛、長さ6㎜くらい。
    先端は次第に細くなって、嘴になっています。
    そう果の長さは3㎜くらい。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    コウボウシバの後方には、よく似たシオクグがはえていました。

    くりっくすると大きくなります。

    コウボウシバも湿地にはえると背が高くなるので、注意が必要です。

    クリックすると大きくなります。

    葉幅は2㎜前後でコウボウシバよりやや狭い程度ですが、背丈が高いので見た目は細く感じます。

    siokugu4.jpg

    また、小穂は1-2㎝と短く
    雌鱗片も果包の1/2と、コウボウシバより短い。

    siokugu5.jpg

    果包はコルク質で無毛、長さ7㎜くらい。コウボウシバよりちょっと大きい。
    先端は急に狭くなり、太くて短いくちばしになります。

    クリックすると大きくなります。

    これでシオクグとコウボウシバ見分けられるかな?
    皆さんにたくさんのことを教えていただいて、すっきりしました。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    どっちかなと迷っていましたが・・・

    最後に、これはコウボウシバと見ました!あっていますか?

    ---------------------------------
    コウボウシバ 弘法芝
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属 シオクグ節
    分布  北海道~南西諸島

    シオクグ 塩莎草
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属 シオクグ節
    分布  北海道~南西諸島
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    マツモムシ says..."最後のはコウボウシバ"
    pandaさんへ

     最後のものはコウボウシバで問題ないと思います。
     果胞と鱗片はほば同長で、小穂の柄がかなり長いのに傾いたり下垂したりしていません。
    2017.06.07 02:30 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんにちは。
    梅雨に入ったかと思ったら、もう晴れてきました。もう少し降ってくれると野の花たちもイキイキしてくるのにと思いながら空をながめています。

    最後のはコウボウシバということで、ありがとうございました。果包の鱗片と小穂の柄のことで判断するのはわかりやすいですね。枯れて標本状態になった小穂では、視覚的には違いがあまり出てきませんでしたが触るとわかりました。生だと柄の違いがわかりそうです。次の課題にしてみます。
    2017.06.08 09:47 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2374-a9fd96b1
    該当の記事は見つかりませんでした。