花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
山の木
  • タイミンタチバナ

  • 何だろう?

    ホソバタブの幹の根元に出た葉・・・鋸歯もないし葉縁も波打たない

    葉裏の脈はみえない

    葉裏も脈もみえないし・・・
    ホソバタブの葉じゃないことはわかるんだけど・・・

    花が咲いてる!

    と、歩いていると花が咲いていました。

    雄花

    ピンクの小さな花は、花糸が短くて・・・
    これはどこかで見たことがある。たぶん名前も調べたことがあるみたい・・・

    名札が!!

    すると名札がついていました「タイミンタチバナ」 
    そうそう、思い出しました。植物園の海岸林の中にありましたが雰囲気が違います。

    海岸林のタイミンタチバナ

    タイミンタチバナはスダシイなどの森の中では背が高いけれど
    日当たりのいい海岸では低木でしまってました。

    雄花

    ここのも雄花です。花糸が短くて花弁にくっついているように見えます。
    確か黒く熟した果実も撮っていたはずなのですが・・・・見つけられません。

    -----------------------------------
    タイミンタチバナ  大明橘
    分類  ヤブコウジ科 ツルマンリョウ属
    分布  千葉県以西~沖縄
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2364-538fb815
    該当の記事は見つかりませんでした。