花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
街路樹・公園・庭木
  • 沖縄の樹木 1

  • サキシマハマボウ

    漫湖で花友さんたちが鳥見をしているあいだ、沖縄の木々を見てみました。
    海岸の林縁にはえるサキシマハマボウ、見たかった木です。
    花は終わっていましたが・・・

    葉

    葉の形がオオハマボウより長いハート形で、この葉だけでサキシマとわかりました。

    高い

    樹高は5-10m、

    果実

    果実は裂開せず落下、可愛いカメムシは・・・

    アカホシカメムシ

    アオイ科を食草にする、アカホシカメムシのようです。でっかいお腹・・・
    カップルがたくさんいました。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    アカギ

    「琉球の樹木」が届いて、細部を比較できるようになりました。
    この木もショウベンノキあたりから調べ始めて、迷宮にはまり

    三出

    3出の葉から検索すると、コミカンソウ科!のアカギ。
    従来の分類ではトウダイグサ科コミカンソウ亜科です。

    果実

    果実は食べられると書いてあります。
    美味しい木の実、鳥たちには人気なのでしょうね。
    本来は、石灰岩地の湿った場所に多く、琉球では最も大きくなる木なのだそうですが
    街路樹、公園樹から逸脱したものも多いとか。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    モモタマナ

    枝を横にひろげ、木陰をつくるにはもってこいの木だなと思ったモモタマナ。

    葉

    葉は大きな倒卵形で、12月はじめは紅葉した葉が混じっていました。
    掃き溜めにあった果実は、たぶんモモタマナのものだったのでしょう撮ってくればよかった・・・
    果実はオオコウモリが食べるそうですが、
    中の種はトロピカル・アーモンドとも呼ばれるらしく、次は忘れないように拾ってこようと思う。

    種子は海流散布。長崎まで流れてこないかなぁ・・・

    -----------------------------------
    サキシマハマボウ  先島浜朴
    別名  シマユーナ
    分類  アオイ科 サキシマハマボウ属
    分布  奄美~先島諸島

    アカギ  赤木
    分類  コミカンソウ科 アカギ属
    分布  沖縄諸島~先島諸島

    モモタマナ 桃玉菜
    別名  コバテイシ
    分類  シクソン科 モモタマナ属
    分布  奄美~先島諸島
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    サキシマハマボウはホノルルで見た「ミロ」のようです。花はあまり開かない咲き方でした。こんな実が出来るのですね。
    2017.03.14 08:10 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんにちは
    検索してみると、ミロとサキシマハマボウは同じもののようです。私は花が見たいです。オオハマボウより暖かいところが好きみたいなので、沖縄の12月は寒かったのかなぁ・・・オオハマボウはだらだら咲いてるのに、全部果実でした。
    2017.03.14 14:37 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2354-b6145f48
    該当の記事は見つかりませんでした。