花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
海辺の植物
  • オヒルギ、メヒルギ

  • オヒルギ

    同じように見えていたヒルギの仲間ですが、根っこでみわけられそう、
    オヒルギの根はタコ足のようにならず、ちかくに屈曲膝根があります。(写真右下)

    屈曲膝根

    屈曲膝根だけ撮ってみました。曲がった膝ぼんさんみたいですね。
    屈曲膝根は呼吸をするための根ですが、砂の中に根を広くめぐらしているのがわかりました。

    花

    オヒルギは別名アカバナヒルギで、赤いガク片です。花は淡い黄色。
    花期は3-5月で、ここからの写真は2月に撮ったものです。

    ガク筒

    ガク筒は子房をつつみ
    ガク裂片は8-14、タコさんウインナーみたいですね。

    果実

    胎生種子がメヒルギより太くてたくましいので、オヒルギと名づけられたようです。

    葉

    葉の長さは6-12cm下のものが垂れる傾向にあるので、ヤエヤマヒルギと見分けられそうです。


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    メヒルギ

    メヒルギは葉の長さ8-15cm

    葉

    葉先が丸いので、現場ではすぐわかります。

    背が高くなると

    成長したものは、板根になり縦方向を厚くすることで支えているのでしょう

    板根

    呼吸もかねた、根の形ですね。

    胎生種子

    花期は6-7月、12月は花はなく胎生発芽していました。
    この形が笄に似ているので、別名リュウキュウコウガイ
    (※、髪を掻き揚げて髷を形作る装飾的な結髪用具。元は中国のもの)

    ガク

    果実の部分を拡大してみます。
    ガク裂片は5、反り返って被針形。
    「胎生種子が落下し、地面に突き刺さってふえる」と聞いたことがあるのですが
    多くは海流散布で、種子の比重によって不思議なたびがはじまるんですね。

    -----------------------------------
    オヒルギ  雄蛭木 雄漂木
    別名  アカバナヒルギ
    分類  ヒルギ科 オヒルギ属
    分布  奄美大島以南~

    メヒルギ  雌蛭木 雌漂木
    別名  リュウキュウコウガイ
    分類  ヒルギ科 メヒルギ属
    分布  鹿児島県薩摩半島以南~
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    平家蟹 says...""
    動物にも卵胎生というのがありますが植物にも似たようなのがあるのが面白いですね。
    親元に落ちて発芽するのと潮に流されるのとでは重さが違うという記事を見たことがあります。
    親元のほうが軽く潮に流されるのが重いそうです。
    親元で発芽すれば当然生えるのに適した環境だから発芽に必要な栄養分は少なくてもいいけど
    潮に流されるのはどんな環境に流れ着くかわからないから栄養分を多くするとか。
    親の愛情というか強かな戦略ですね。
    (記憶に頼って書いているから信頼度には欠けるかもヾ(--;)
    2016.12.09 19:49 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、おはようございます。
    私もヒルギの仲間がどんな風に種子散布しているのか、ネットで色々読んでみました。こんなとき、植物はすごいなぁと思います。
    書籍などで読んだりしたら、その内容をブログに書くことができるけど、ネット情報だと正確なのかわからなくて、書けなかったけどいろんな実験面白いですよね。
    2016.12.10 08:54 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2321-7ca029f6
    該当の記事は見つかりませんでした。