花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
湿地・水田の植物
  • ケスナヅル オオマツバシバ

  • ケスナヅル

    今日はぐっと地味になります、ケスナヅル。
    海岸でグンバイヒルガオやハマゴウに寄生している、スナヅルの変種です。

    細くて毛が生える

    スパゲティのように太いスナヅルに比べて、茎は細くて毛がはえています。
    直径1mmくらいの茎の毛なので、毛がはえているのか?カメラでやっと確認できるくらいです。

    花

    花はまだ蕾、白っぽくふくらんでいるものもありました。

    吸盤で

    吸盤で巻きついて、巻きつかれているのはカヤですが
    ケスナヅルはオオマツバシバやシバニッケイなどに寄生するということです。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    オオマツバシバ

    一緒にはえていたオオマツバシバ

    一株

    稈は糸状で30cm、葉は内巻きするので細くて、長さ15~20cm
    花序はところどころ長い先に花が数個ついています。

    花序

    はっきり言って、どれが稈で葉で花序なのか?
    もっと、葉が青いときならみわけられたかもしませんね。
    イネ科観察赤点! ^m^
    ケスナヅルの寄生植物ということで、いっしょにアップします。
    貧栄養の湿地探検、面白かったです。

    ---------------------------------------------
    ケスナヅル 毛砂蔓
    分類   クスノキ科 スナヅル属
    分布   沖縄諸島


    オオマツバシバ  大松葉芝
    分類  イネ科 マツバシバ属
    分布  奄美以南
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2319-2e29bbb6
    該当の記事は見つかりませんでした。