花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ヒュウガヤブレガサ

  • クリックすると大きくなります。

    6月11日の写真になりますが、名前が分かったのでアップします。
    ニシノヤマタイミンガサにしては花の形が違う、ヤブレガサより葉の切れ込みが浅い
    何だろうと放置していたのですが、ヒュウガヤブレガサとわかりました。

    葉

    下部の葉は少し盾がたについています。

    花

    まだ蕾なのですが紫色を帯び、茎は無毛

    拡大

    拡大してみました。次はサイズをきちんとはかってみたいです。
    宮崎県側に多く、おもに石灰岩地に生えると教えていただきました。

    ------------------------------------------------------
    ヒュウガヤブレガサ  日向破れ傘
    分類   キク科 ヤブレガサ属
    分布   大分・熊本・宮崎
    撮影地 大分県南部

    ヒュウガヤブレガサの特徴を齋藤先生に教えていただきました。ありがとうございました。
    外見でわかりやすそうなところだけ要約すると・・・
    1、根生葉はヤブレガサよりも切れ込みがやや浅く、いくらか楯状になる。 またヤブレガサは葉裏や葉柄に長毛が見られるが、ヒュウガヤブレガサは無毛である。葉裏はヒュウガヤブレガサは白味が強い。
    2、ヒュウガヤブレガサは花の数が少ないため円錐花序となるが、ヤブレガサは花数が多く、上部に集まる傾向があり散房状となる。
    3、 ヒュウガヤブレガサの総苞は灰褐色~淡紫褐色を帯び、長さが15-16mm とより大型である。ヤブレガサは白色で10mm くらいと小さい。


    参考:新種の植物 ヒュウガヤブラガサ
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    平家蟹 says...""
    取り敢えず保留にしていたpandaさんに拍手(^^)//""""パチパチ
    私なら葉を見ただけでヤブレガサだわ(^^;)
    ヤブレガサに他の種があるなんて全く知らなかったし。
    言われてみれば葉の切れ込みが深くないけど現地で見て気がつくかどうか。
    私も名前が分からなくて保留することもありますが保留しっぱなし
    ずっと後からなって見てどこで撮ったかも分からずポイすることもしばしば(^^;)。

    秋もそろそろ終わりですね、と言うか今年は秋があったのか。
    花のネタも尽きはじめ、撮りためた果実&種子になりそうです。
    2016.11.12 09:00 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは
    ヤブレガサを長崎で見たことがないのです。それで、ヤブレガサの葉の変異の幅がよくわからなくて、目に留まったんだと思う。それと、たまたま地名とヤブレガサで検索して、ヒュウガヤブレガサにたどり付けたので分かったんです。私も闇に葬り去ること多いですよ。

    野山は淋しくなり始めましたね、毎年思うのですがこの季節はあまり好きではありません。山は最後の輝きを見せてくれてるのにね・・・おやすみなさい
    2016.11.13 01:36 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2308-953e5f06
    該当の記事は見つかりませんでした。