花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

テングタケの仲間 (3)

可愛い!

可愛くてもテングタケの仲間、有毒です。ヒメコガネツルタケかな。
見た時はもうちょっと黄色っぽかった。

ツボはない

ツバはなく、基部は膨らんで粉質物に覆われています。。

ヒダ

肉は質が薄く、ひだは離生(というより隔性?)してやや疎。

同じものかな?

近くにあった、これも同じものかな?

ヒメコガネツルタケ

傘の粉は落ちやすいのか、老菌はめだたない。
これも、肉は質が薄く、ひだは離生(というより隔性?)してやや疎。

追伸
小型で淡い黄色の傘を持ち、表面に黄色い粉を付けるテングタケの仲間・・・
ヒメコガネツルタケと似ているのですが、粉をかぶっているところなど違うような気もします。
ヒメコガネツルタケspとしておこうかな (~_~;A

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ウスキテングタケ

黄色いテングタケの仲間をもうひとつ、ウスキテングタケ

一つ拡大

ツバはあり、基部は膨らんでいます。雨にぬれて傘のようすがわかりませんが粘性あり、

これもウスキテングタケ?

数日後出会ったこれもウスキテングタケのようです。

柄

傘にはツボのカケラをつけて
柄にはツバがあり、基部は膨らんでいます。

ヒダ

ヒダは白く離性、たくさんの小ヒダがあり密。
赤・白・茶色、黄色もあるんだな、テングタケ ^m^


-----------------------------------------------
ヒメコガネツルタケsp  姫小金鶴茸
分類   テングタケ科
撮影日 2016/09/21-23


ウスキテングタケ 薄黄天狗茸
分類   テングタケ科
撮影日 2016/09/21-23
web拍手 by FC2

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2307-6acf754a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

マルバグミが食べごろです マルバグミ
大きいので、味を楽しめますよ~!でもよく熟したものがおすすめ

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top