花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
キノコ
  • チシオタケ ナラタケモドキ

  • チシオタケ

    チシオタケに出会えました。思ったとおり可愛い!

    血

    名前の由来は、傷付けると赤い汁がでるから血潮茸
    黒っぽく写ってます。

    横から

    傘の縁にフリンジがあるのもキュートです。
    色はちょっとピンクっぽい。

    チシオタケ

    サクラタケと似た色です。広葉樹の枯れ木、倒木などに束生。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ナラタケモドキ

    もうひとつ、切り株に群生していたナラタケモドキ

    幼株

    地上に発生しているように見えるけど、下には朽木がありました。

    いろいろ

    老成すると周辺が波打ち、褐色のシミがててきます。
    (なんだか、この表現抵抗あるなぁ・・・ブツブツ)

    断面

    柄は傘と同色で上部やや淡く中実。ツバはないのでナラタケでなくモドキ。
    雨上がりなのですが、粘性はありませんでした。

    今日は木に生えたキノコ2種・・・
    今回のは図鑑に載っていたのでわかりましたが、まだまだ不明のものいっぱ~い

    -------------------------------------
    チシオタケ  血潮茸
    分類 キシメジ科 クヌギタケ属


    ナラタケモドキ 楢茸擬
    分類 キシメジ科 ナラタケ属
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    平家蟹 says...""
    チシオタケが可愛いって吸血鬼かヾ(^^;)
    しかしすごい名前のキノコがあるもんだ(^^;)
    切ると赤い汁が出てくるんですか、その後黒くなるあたりもますます血液っぽいな。
    やっと涼しくなってきたけど今年の秋のきのこの出具合はどうですか。
    2016.11.04 14:50 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは
    名前はチシオタケとナマナマしいけれど、とても可愛いキノコです。
    最近目新しい植物に出会わないということもあるけれど、キノコが可愛くなってきて、とまりません。
    秋のキノコは一段落しました。一番よく出たのは9月末、夏の乾燥に耐えていっせいに顔を出して、ビックリ!次の雨で冬のキノコが出てくるのかな?
    2016.11.04 22:43 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."これからは…"
     そろそろムラサキシメジやハイイロシメジの季節ですね。どちらもめったにあるものではありませんが、毎年同じ場所に大量に出るものです。ハイイロシメジやシロノハイイロシメジはやや匂いがきついものの、ツボミをカレーなどに入れると気になりませんし、コショウを使って油いためしてもおいしい。マッシュルームを買うのがばからしくなります。塩とバターで炒めたものは、汁ごと冷凍もできます。
    2016.11.06 16:55 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、こんばんは
    ムラサキシメジを検索して、まだ不明のキノコに似ているなと調べていました。ハイイロシメジも基部が結構膨らんでいるのですね。フウセンタケの仲間かなと思っていました。まだまだ、このあたりは未知の分野。結局どこで見分けるのか分からないままで今日は終わり。
    最近やっとハタケシメジを場所で憶えました。塩とバターでいためたキノコは、私も冷凍してスパゲティなんかに使います。でもキノコを食べることが出来るようになるまで、まだ何年もかかりそうです。
    おやすみなさい。
    2016.11.07 02:06 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."秋のキノコの時期"
     ナラタケモドキはこちらでは1ヵ月半くらい前に短期間で終了してしまいました。九州ではまだ散発的に出ているようですね。チシオタケは確かに可憐ですね。小型のキノコは食用対象外ですが、割と色彩に富んでいるものが多く、カメラを向けることが多いです。
     この時期は脅迫的に氾濫原などの刈り取り後の水田雑草探査に出掛けるので、秋のキノコに出会う機会がありません。たまに同好の志とシダを探しにいっても、探査は谷筋中心になり、貧栄養なツツジ類やアカマツの多い尾根筋まで行くことはなく、なかなかマツタケに出会うことがありません。11月の半ば以降になると、高所の落葉広葉樹の原生林が落葉するので、着生種を観察しながら晩秋のキノコにありつきます。
    2016.11.07 03:07 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは。
    ナラタケモドキの写真は9月末に撮ったものです。そちらと同じ頃に発生しているみたいですね、やっと名前にたどりつけました。量としてはけっこうあちこちで見かけました。キノコは形も色も楽しいですね。でも、ハタケシメジなど土から出たものは、ヒダの間にドロが入って洗ってもなかなかとれません。それで、泥がついたものはさけてしまいます。マツモムシさんのように上手に料理できるようになりたいのですが、見分けるのがまだまだ未熟な私です。

    水田雑草ですね、行ってみなくちゃ・・・

    2016.11.07 23:42 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2306-53cb73ab
    該当の記事は見つかりませんでした。