花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ヒロハイヌワラビ

  • クリックすると大きくなります。

    ヒロハイヌワラビは普通種なのですが、お目にかかることがありませんでした。
    どうやら長崎の場合、涼しいところにあるようです。ここは雲仙山系・・・キノコのめっか ^m^

    最下羽片

    最下部の外側第一羽片はやや小さくなっています。
    小羽片の基部は広いくさび形で耳垂は小さく、無柄か大きいものには短い柄がありました。

    ソーラス

    ソーラスは中肋に接してつき、三日月形

    毛

    羽軸裏には毛がはえています。

    鱗片

    葉柄基部の鱗片は線形~被針形で茶褐色ですが、なかには中央が濃くなっているものもありました。
    葉柄、中軸は紫褐色

    葉全体

    葉身は基部が広く、2回羽状複生。上部は急に狭くなっていました。
    普通葉柄は葉身より短いと図鑑には書いてありますが、これは長めです。

    ---------------------------------------------------
    ヒロハイヌワラビ 広葉犬蕨
    分類  イワデンダ科 メシダ属
    分布  本州(東北地方西・南部以西)~九州

    クリックすると大きくなります。 
    クリックすると大きくなります。 包膜は全縁から不規則に浅裂する。
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2266-d8c93c79
    該当の記事は見つかりませんでした。