花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ヤリノホクリハラン

  • ヤリノホクリハラン

    念願のヤリノホクリハランに出会えました。
    これまではヒトツバイワヒトデ、オオバヤリノホランsp、シンテンウラボシと、どこか違っていました。
    今度はヨレヨレした葉はなく単葉、葉身の基部付近から左右に角も出していません^m^

    ソーラス

    葉はやや二形で、胞子葉は細くて背が高く
    葉身は披針形で、基部近くで幅広くなっています。

    翼

    基部近くで幅広くなっていますが、そのままだらだらと葉柄につながり翼になっています。
    栄養葉で長さ20-40cm、半分が葉柄。

    細脈

    脈がどんな形なのか調べてみたかったので、一枚もらってきました。

    胞子

    胞子がたくさん出ていたので、形を見てみると・・・ そろってない・・・
    これは、またもシンテンウラボシなのか?と気落ちしたのですが
    過去のコメントで「ヤリノホクリハランもシンテンウラボシも胞子は不定形」と教えていただいていました。

    胞子の形

    胞子の形

    ヤリノホクリハラン

    ----------------------------------------------
    ヤリノホクリハラン 槍の穂栗葉欄
    分類  ウラボシ科 イワヒトデ属
    分布  九州南部~沖縄
    撮影地 鹿児島

    クリックすると大きくなります。 栄養葉の小脈
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    こまつな says...""
     pandaちゃん、こんばんは。
     雨の中の観察、お疲れ様でした。ヤリノホクリハランは九州南部に行けば見られるんでしたね。胞子まで観察されて私も参考になりました。胞子葉の葉脈は私もシダのページを訂正して見やすい様にしましたε-(´・`)  栄養葉の葉脈は気にかけていなかったのですが小脈が結合しているんですね、これから気を付けてみます。
    2016.07.13 22:29 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."★こまさんへ★"
    こまさん、こんばんは。
    九州南部は沖縄のシダによく似ていて、面白いです。でもイヌタマシダとリュウキュウイタチシダが見分けられずにいます。(ナガバとは違いが分るようになった^m^)それから、ベニシダもなんだかよく分らない・・・オオイブキシダも分らなくなって、サツマハチジョウシダも微妙。こまさん助けて!

    ヤリノホクリハランは合ってますか?こまさんのヤリノホを見てきて葉脈は似ていたのでほっとしました。ソーラスの下の脈がどうなっているのか知りたかったので、栄養葉まで脈を見てみたのです。
    というのも、ヤリノホ、シンテン、オオバヤリノホランの胞子が不定形なら、脈でみわけられるといいなと思ったのです。
    ヤリノホ<シンテン<オオイワヒトデの順に網目状になっているように見えました。オオイワヒトデとオオバヤリノホランはきれいな網目状の脈がよく似ています。だけど、よく分らないです。
    2016.07.14 00:24 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2247-1442e587
    該当の記事は見つかりませんでした。