花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

ネムノキ

ネムノキ

長崎でもあちこちでネムノキを見かけるようになりました。
これは色が濃くて、車を止めてでも撮りたくなったネムノキ ^m^

蕾

知りたかったのは、花のつくりで
淡ピンク色のが花弁で白っぽいのがガク、ネムノキには花柄がないことがわかりました。
ここから、だんだん花の形になるところが好きなんです。

くしゅくしゅ

花弁が開くと、くしゅくしゅのしべたちがのびていきます。

花のつくり

真ん中に1-2本ある背の高い花が頂生花、まわりは側生花。
おしべの合着した部分は側生花は花冠より短く、
頂生花は花冠より長いので見えています。そして、この花にだけ蜜が入っているそうです。
ネムノキの省エネ戦略 ^m^

葉

羽片は7-9対ほぼ対生、小葉は15-30対、
小葉は5×15mm前後で、徒長した葉は小葉がおおきめ。

中軸

羽軸の上側には溝があり、それに沿って軟毛がはえてます。
長崎にはヒロハネムがあるので、ちょっと気になる存在です。

---------------------------------------
ネムノキ 合歓木
分類  マメ科  ネムノキ属
分布  本州~沖縄
web拍手 by FC2

Comment

2016.06.19 Sun 11:23  ネムノキの蜜

ネムノキでは頂生花だけに蜜が入っているのですね。
かってメキシコのネムノキ「カリアンドラ・エマルギナタ」を鉢植えで育てていましたが、この花では頂生花が区別できず、雄しべ群を抜いては21回もせっせとなめました(笑)。どれも甘かったようです。
http://yuusugenoniwa.blog.so-net.ne.jp/2010-08-21

2016.06.19 Sun 16:56  こんにちは

当方にもネムノキとオオバネムノキが見られますが、花柄の有無を比較したことはありませんでした。なるほど納得です。流石ですね。

2016.06.19 Sun 23:27  ★夕菅さんへ★

夕菅さん、こんばんは
カリアンドラ・エマルギナタの1.2を読んできました。面白かったです。あのころは、なかなかさんに沢山の事を教えていただきました。今でも時々更新はしていらっしゃるけれど、難しすぎてはるか遠くを歩いていらっしゃいます。
ところで、21回も蜜をなめた夕菅さんのことを思って、ちょっと嬉しくなりました。ブログからは知的なイメージがあるのですが、なんだかほっこりしました。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2016.06.19 Sun 23:32  ★多摩さんへ★

多摩さん、こんばんは
東京にもオオバネムノキがあるのですね、平家蟹さんのところにもあると書いてあったので、オオバネムノキは各地に植栽されているのかな。花柄で区別しなくても、葉の広さは見てわかるから、こんな細かいところ気にしなくてもいいのに。。。と思いつつ ^m^ 図鑑に書いてあることを確かめてみたくなるのは、自分でもちょっとくどいかなと思いつつ。すみません。

長崎のヒロハネムがオオバとの雑種かもしれないなんて書いてあったので、どこを見たらわかるのかな?と思ったのです(言い訳)^m^
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2016.06.20 Mon 19:47  

ネムノキの雌しべは確認しているけど頂生花があるなんて知らなかったな(^^;)
しかも蜜が出るのがそれだけなんてなんたるドケチヾ(^^;)
花は随分目立たさせているから蜜は最小限で十分だよね。
蜜を探して動きまわってくれたほうが花粉もつきやすいかもね。
ほんと花と蝶は騙し合いというか花の方が受け身に見えても実際は主導権を握っているんだろうな。

2016.06.21 Tue 06:22  ★平家蟹さんへ★

平家蟹さん、お帰りなさい。
夕べの雨は酷かったですね、カミナリでPCも消えたのでゆっくりやすむことにしました。そちらは前線は通過してしまいましたか?
ネムノキのことは、なかなかさんに教えていただいて、その追認というかんじななのですが、ほんとにドケチですね^m^
>花の方が受け身に見えても実際は主導権を握っているんだろうな。
私もそう思います。花だけでなくドングリなどその年の果実の量の増減で捕食者の数を調整しているなんて・・・ちょっと怖い。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2235-6f96e856

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

マルバグミが食べごろです マルバグミ
大きいので、味を楽しめますよ~!でもよく熟したものがおすすめ

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top