花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
ボランテァ日記
  • 着生ランなど

  • 対馬産のナゴラン

    対馬産のナゴランが開花しました。温室で管理しているので自生より早めです。
    明治時代に炭焼きの仕事で対馬に行かれたとき持ち帰ったナゴランが群生し
    着生させたウラジロガシが老齢のため、「長崎に里帰りさせたい」と受け入れたランです。
    花つきもみごとですが、上品な香りが受付に漂っています。

    じつは植物園が地すべりのため、今年度いっぱいで閉園することになりました。
    私のボランティアも終わりなのかな?と安堵する気持ちと淋しい気持ちが半々・・・
    でも、もしかしたら希少種の保護は別の形で残るかもしれないと期待して
    とりあえず、手を抜くことなくこの一年を過ごしたいと思っています。

    今日は着生ランをいくつかアップしてみます。

    ヨウラクラン

    ヨウラクランは小さい花が集まって、ランなの?って感じなのです
    ですが盗掘がたえません。

    ヨウラクラン

    赤っぽい花と白っぽい花が咲いています。

    拡大

    ゴマ粒くらいの花ですが、拡大するとラン科の花だとわかります。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    マメヅタラン

    葉がシダのマメヅタに似ているから、マメヅタラン。
    小さい花が咲いているのがわかりますか?

    マメヅタラン

    花を拡大してみました。つい「がんばってるね」と声をかけたくなります。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ムギラン

    マメヅタランよりもっと地味なのがムギラン
    葉の下にちょっと見えているバルブが ムギのように見えますね。
    花が咲いてるの気が付きましたか?

    拡大

    拡大してみました。

    偽球

    バルブから出ている葉や花のようす
    こんなに地味なのに、面白いからと連れ去られることも多いです。

    ナゴラン

    着生ランがどんなものなのか、ナゴランのお世話をして始めて知りました。
    葉や茎が肥大して水分や養分を蓄え、
    根は空気中に露出して、スポンジのような層で覆われていました。
    まだ今の時点ではミズゴケの鉢植えのほうが元気にみえますが、
    ヘゴ板にしっかり根付くと、乾燥にも強いということです。
    根っこが丸見えなのに???って、ずっと思っていました。

    ---------------------------------------
    ナゴラン 名護蘭
    ラン科 ナゴラン属
    分布  本州(近畿以西)~沖縄

    ヨウラクラン 瓔珞蘭
    分類  ラン科 ヨウラクラン属
    分布  本州(宮城県以西)~沖縄

    マメヅタラン 豆蔦蘭
    分類  ラン科 マメヅタラン属
    分布  本州(関東以西)~沖縄

    ムギラン 麦欄
    分類  ラン科  ムギラン属
    分布  本州(関東以西)~九州
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    植物園が地滑りで閉園ですか。それは残念ですね。ボランティアはお疲れさまでした。希少種が何らかの形で残ると良いですね。
    2016.06.12 18:27 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、おはようございます。
    植物園の閉園は青天の霹靂でした。とても楽しい作業でしたので、ほんとはこれからも続くといいなと思っています。というのも、まだあと5年はかかりそうな苗があり、それを自分の手で育てたいのです。
    2016.06.13 07:26 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ブリ says...""
    pandaさん、こんばんは。
    着生ランというのはこんなに種類があるのですか。
    調べましたら、すごく小さいみたいだし、
    形も思っていたものと全く違うし・・
    最近、ないだろうとは思いつつ、
    大木があれば、ランがないか
    見るようにしているのですが、
    これは見方を変えないといけませんねぇ^^

    家にお友達に頂いたセッコクがあるのですが、
    お花が咲くのに5年近くかかりました。
    1輪咲いてからは、
    年ごとにお花の数が増えています。
    ランって時間がかかるのですね。
    ササユリも以前はお花が咲くまで7年かかった
    と聞いたことがあります。
    今はもうすこし早く咲くのでしょうが、
    スパンが長いからお花を見るのも大変ですね。
    うちのセッコクはもらった時に巻き付いていた木が
    朽ちて分解してしまいました。
    残った木片にしがみついた形で、
    根も丸見えですが、元気・・みたいですよ。

    閉園でも違う姿でまた再出発されるのではないですか。
    だって、植物たちはどこかでお世話されますでしょ。
    植物についてpandaさんも動かれたりして^^
    2016.06.15 22:34 | URL | #- [edit]
    panda says..."★ブリさんへ★"
    ブリさん、おはようございます。
    梅雨空が広がっています。セッコクの根が丸見えだったら、以前の私ならすぐ植え替えてしまいそうです。ランの根っこが普通の植物のように土から水分や養分を吸収していると思っていたのです。でも、ランの根って違うんですね。びっくりでした。
    ササユリも可憐な花で好きです。7年もかかるのですか?でも、その後は毎年咲くのかな?ブリさんのお庭も楽しそうですね。
    着生ランにはいろんなものがあるんのですが、地味でも個性があって好きです。でも、だから盗掘が絶えないのですね。山にあれば登ってくるたくさんの人に楽しんでもらえるのにね。
    植物園の植物たちがどうなるのかわからないのですが、できる範囲でかかわっていけたらいいなと思ってます。
    2016.06.16 07:35 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2230-a3dc5f6a
    該当の記事は見つかりませんでした。