花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ハマアオスゲ

  • クリックすると大きくなります。

    海岸の松林の中にハマアオスゲがあるということを教えていただいたので
    さっそく見つけに行きました。これかも!
    (写真はクリックすると大きくなります。)

    1つ

    匐枝を出して広がるようで、一塊はこんな感じ
    果胞が熟すと白っぽくなるのも特徴のようです。

    果包

    頂小穂は雄性で太く、側小穂は雌性で茎の上部に集まってついています。

    果包

    果包は3-3.5mmで有毛。嘴は伸びていないので見た目はころっとしているのですが
    雌鱗片をはずすと、果包の基部が柄のようになっていました。

    根茎

    基部の鞘は著しく繊維状に分解するということですが
    まだ分解する一歩前のようで、糸状になったものが少しみえます。

    さっそく、足元の植物からはじめま~す。地味ですが ^m^

    -----------------------------------------------------
    ハマアオスゲ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属 ヌカスゲ節
    分布  本州~沖縄、伊豆諸島
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2220-e303bb14
    該当の記事は見つかりませんでした。