花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
外国の植物
  • マチュピチュ

  • クリックすると大きくなります。

    インカ道太陽の門から見たマチュピチュ、標高は向かい側の山ワイナピチュと同じです。
    草原や砂漠が多かったペルーですが、マチュピチュは着生植物がいっぱいの亜熱帯の気候
    といっても、乾季と雨季に分かれて、GWは乾季のはじまりです。
    右手の石垣にはアナナスの仲間・・・葉の中心に水を溜めて乾季に備えます。

    アナナス

    切り立った岩に、花が咲いたように着生していました。

    オリャンタイタンボ駅

    オリャンタイタンボ駅からマチュピチュに向かいます。

    なんだろう?

    電線にエアープランツ・・・あっちこっちにウニにように発生しています。
    列車の中でも、下ろしてもらいたいくらい変なシダを見かけました。

    マチュピチュ山

    小高いところにある見張り小屋、後ろの山はマチュピチュです。

    遺跡

    尖がったワイナピチュとマチュピチュの間に遺跡があります。
    GWなので人でいっぱいなのですが、ありんこのように小さく写っています。

    石切り場

    黄色いのはキク科の花。中央に写っているのが最後の石切り場で、
    谷の砂と表土を運び、城壁の見えない土台の部分を支えて500年もの間崩れなかったそうです。

    段々畑

    居住地と段々畑は水路や石壁で区切られていて、芸術的な段々畑にほれぼれ

    インカ道

    のっぽなランの花

    ラマ

    音もなく背後に忍び寄るラマにギャアァァァァ・・・

    ハチドリ

    ハチドリも多く、まだヒナだったので写すことができました。

    ハイラムビンガムロード

    曲がりくねったハイラムビンガムロード、旅行したのはずっと前のことのように思えます。
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    ha-chan says...""
    こんにちは^^
    いつか行ってみたいマチュピチュ。
    この曲がりくねった道や標高のことを考えると結構厳しい環境のようです。
    昔の人々のことを考えるとそのすごさに驚きます。だからこそ魅力的ではあるんですけれど・・。
    2016.05.29 15:48 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、こんばんは
    私もいつか行ってみたいマチュピチュだったのですが、実現できました。この曲がりくねった道をみると急な斜面を登っているのがわかりますよね、1mほどの幅の段々畑をみると、こんな斜面で畑をつくっていたのだなと感心しました。
    2016.05.30 03:04 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2218-2dce6a7a
    該当の記事は見つかりませんでした。