花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
外国の植物
  • 古都クスコ

  • コンドルは飛んでいく

    学生の頃、サイモンとガーファンクルで聞いた「コンドルは飛んでいく」
    ケーナ・チャランゴ・ギターで演奏され、本場ペルーで聞くこことができました。
    少しさみしい曲ですが、アンデスの山に吹く風のように心に響くメロディです。

    クスコ

    クスコは11~12世紀頃に建設され、太陽神を崇拝するインカ帝国の都でした。

    建物

    瓦やレンガの色が山の土の色なので、派手ではないけれど凝ったつくりをしています。

    アルマス広場

    それはインカ時代から街の中心だった場所に、スペイン軍がアルマス広場を建設し
    カテドラルなどインカのビラコチャ神殿跡に100年を費やして完成したのです。

    石積み

    クスコはスペインのコロニアル建築と、インカの精巧で美しい石組みが共存する町です。

    石積み

    こんな大きな石を積み上げる技術や人手・・・滑車もなかったというから不思議です。

    カミナリ

    クスコは標高約3400メートル、この日リマから空路クスコへ飛んできてもこの元気 ^m^

    コカ茶

    それでも、コカ茶をのみながらゆっくりゆっくり歩きました。

    12角の石

    インカの石積みで見逃してはいけない12画の石。

    14角

    小さくてかわいい14角の石もありました ^m^
    よくこんなに精密に石を組み合わせられたものだと思います。

    コカ

    今日の植物はコカ、コカの葉からコカインを抽出できます。
    ここでは高山病対策として、嗜好品や薬用として利用されているそうです。
    たくさん飲んだけど、別に変化なし ^m^
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    光田 重幸 says..."野次馬的に…"
     もうリズムはもとに帰りましたか。行きよりも帰りが時差的にはきついでしょうね。アメリカから来た友も、一週間くらいは「目が燃えるようだ」といっていました。
     「カミソリ一枚入らない」といわれる石組みの合わせ目。「何岩だろう?」と以前から思っていました。はっきりとはわかりませんが、粒の細かそうな砂岩かな?どうやって平面に削ったのでしょうね。
     「コンドルは飛んでゆく」はS&Gで有名になりましたが、例によって歌詞は別物。スペイン語でも何種類もあります。印象に残っているのはフェルナンド・リマのもの。コンドルの背に乗って旅をするのですが、下りてから「兄弟たちは、みな平等に生まれついている」と。ペルーもアルゼンチンもチリも貧民層が多く、根は社会主義的なのです。その絡みでいえば、沖縄もそうかもしれませんね。安里屋ユンタの有名な繰り替えしのフレーズ「マタハーリヌ ツィンダラ カヌシャマヨ」を聞いたインドネシアからの留学生が、「なぜ故郷の言葉がここにあるんだ? これは’太陽は私たちを平等に照らす’という意味だ」といったとか。真偽不明ですが、インドネシアもスカルノまでは社会主義だったといってもよいでしょう。
    2016.05.21 21:00 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、こんばんは。
    ボケは治ったようです。帰りは乗り継ぎも含めて24時間飛行機の中で、強制的に夜の設定・・・そんなに眠れるわけないのに。それで、いつが夜なのかわからなくなってしまいました。
    リマではレンガ造りですが屋根のないダンボール箱を並べたようなスラム街。豪華な庭や屋敷の富裕層の町がはっきり分かれていました。社会主義をはっきりとらえていない私ですが、この格差をどうにかする方法ってあるのでしょうか?それと、女の人と子どもが元気に働いているのが印象的でした。
    2016.05.22 01:44 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    やはり「コンドルは飛んでいく」がピッタリの眺めですね。大好きな曲です。
    2016.05.23 08:22 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    「コンドルは飛んでいく」は好きな曲でしたが、よく考えてみるとどんな歌詞だったのか覚えていません。すこし寂しいような悲しいようなメロディだけ心に残っていますよね。
    2016.05.23 20:53 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2217-76df155f
    該当の記事は見つかりませんでした。