花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ミツバテンナンショウ

  • クリックすると大きくなります。

    長崎では高い山の急傾斜の岩礫地に群生していた、ミツバテンナンショウ。
    なやましいテンナンショウの仲間では、分かりやすくて好きです。

    草丈

    草丈は12~30cmと小さめ。花序は葉より早く展開するということです。

    三つ葉

    葉は2つ、小葉は無柄で3つ。

    花序

    仏炎包は紫褐色で、口辺はミミガタテンナンショウのように耳状に反曲しています。
    付属体は棒状~円柱状。

    ミミガタテンナンショウ
     
    舷部は長楕円状の三角形、ゆるやかに前に曲がっていました。

    ミミガタテンナンショウ

    花後、匐枝を出して増えるので、かたまって咲いていることが多く、
    岩礫地にミツバテンナンショウの楽園を作っていました。

    ミツバテンナンショウは分かりやすくて好き、なんて書いておきながら
    花が咲いていないときに、オオハンゲやカラスビシャク、ムサシアブミと間違えないかなぁ・・・?
    なんて不安がよぎり、違いを確認してしまいました。まだまだだなぁ・・・(~_~;A

    ミツバテンナンショウはブナ帯に出ることや、柄がない3小葉と鋸歯あり・・・(ひとりごと)

    --------------------------------------------------
    ミツバテンナンショウ
    分類  サトイモ科 テンナンショウ属
    分布  本州(静岡・山口) 四国 九州

    クリックすると大きくなります。 縁に微細な鋸歯がある。
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    平家蟹 says...""
    ミツバテンナンショウは県内で一度だけ見たことがあります。
    6年前なのでまだ初心者に毛が生え始めた頃、えいやとアップしたけど今なら躊躇するかも(^^;)
    小葉は無柄なんですか、いま見てみたら短い葉柄があるな(^^;)
    ブナ帯でもない場所だったし、その後探しても2度と見つからなかった。
    最近は行ってないけどね。
    2016.04.26 10:20 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは
    先に平家蟹さんのミツバテンナンショウを見てきました。たいがい紫褐色の仏炎包なのに平家蟹さんのは緑色でしたね、葉の鋸歯も鋭いし ^m^
    山口のは面白いです。もう見つからないのかなぁ、残念。
    2016.04.26 23:46 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2211-e89d2203
    該当の記事は見つかりませんでした。