花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…スミレ
  • ニホンカイタチツボスミレ(仮称)

  • 小さなタチツボスミレ

    前回の長崎のコタチツボスミレとは違うなと思ったので
    思い切ってアップしてみます、これはニホンカイタチツボスミレ(仮称)なのでしょうか?
    葉の形は三角形で基部は切形~やや心形に見えます。葉先もあまり尖っていません。

    大きさ

    葉脈は・・・こんな感じをはっきりしないと呼んでいいのかわかりません。
    節間は短く、茎が立ち上がらず地面をはっていました。托葉は櫛の歯状。

    花

    花もタチツボスミレより小さめで、花弁が重なり広めのものが多いようです。

    距

    距の形

    大きな株では

    いくつかの株をのせてみます。

    クリックすると大きくなります。

    環境は長崎のコタチツボスミレと同じで林縁という感じでしょうか
    たくさん見たわけではないので、はっきりとはわかりません。

    ニホンカイタチツボスミレでよいと教えていただきました。特徴として
    「鋸歯のあらい三角形(オニギリ型と呼んでいます)の葉と、茎が斜上もしくは地を這う。」ということです。

    2016/05/23
    クリックすると大きくなります。

    クリックすると大きくなります。
    長崎でもニホンカイタチツボスミレを見つけました。渓流沿いの林内に個体数は多く
    タチツボスミレなどと混生しているところもありました。
    (スミレの会の方に見ていただいて、ポイントを書き込んでいただきました。)
    ありがとうございました。

    ------------------------------------------------
    ニホンカイタチツボスミレ(仮称)
    旧サンインタチツボスミレ(仮称)
    分類  スミレ科 スミレ属
    分布  九州北部~東北の日本海側
    撮影地 北九州 5/23分は長崎

    クリックすると大きくなります。  側弁は無毛

    クリックすると大きくなります。 葉脈 托葉
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2209-f2bd6955
    該当の記事は見つかりませんでした。