花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • タカワラビ

  • これは何?

    やんばるを歩くときは、蛇がいないか下を向いて歩きました。
    目に留まったのは、金色の毛に覆われたこれ・・・

    クリックすると大きくなります。

    見上げると、大きくてきれいなシダ、身長をはるかに超えています。
    未年のお正月展で見た「ヒツジシダ」です、見たかったシダなので大喜び!

    タカワラビ

    葉は1・5~3m幅1m以上もあり、3回羽状深裂。
    小さなものでもストックで支えて、離れて撮らないとカメラに収まりません。

    最下羽片

    羽片はシャープで美しい…^m^

    表面

    ソーラスもまた楽しくて、コップのような包膜は表面から見えるくらい大きい。

    ソーラス

    2枚の包膜が小さな箱のように開いて、中に胞子嚢が入っていました。

    拡大

    タカワラビは、2枚の包膜の大きさが明瞭に違うアッサムタカワラビと
    ソーラスが裂片に2個以上つくことのないクミンタカワラビがあるようです。
    これはアッサム?などと思いましたが、区別するのは難しいと書いてありました。

    毛

    このふかふかの鱗片で仔羊のおもちゃを作ることから、ヒツジシダと呼ばれるそうです。

    タカワラビ

    ヘゴかと思ったくらい大きかったです。


    --------------------------------------
    タカワラビ
    別名  ヒツジシダ
    分類  タカワラビ科 タカワラビ属
    分布  沖永良部以南~
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2192-c92824e8
    該当の記事は見つかりませんでした。