花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

ヒメタカノハウラボシ

ヒメタカノハウラボシ

見つけたときは「長年探していたタカノハウラボシ?」と思ったのですが
小さいから、渓流沿いにはえるヒメタカノハウラボシかしら。
ソーラスが葉表に突出しています。

ソーラス

このくらいすっきりの伸びていれば、ミツデウラボシではないですよね?

ヒメタカノハウラボシ

でも、葉柄と葉の角度がなんだかミツデ的・・・

クリックすると大きくなります。

もしかして、ミツデウラボシかな?と心配になり、他にないか探してみると・・・
ミツデではないけれど、こんな集団もありました。
調べてみるとリュウキュウミツデウラボシは、こちらのミツデウラボシよりスマート
もしかして・・・ 

根茎の鱗片が大事ということだけど・・・

リュウキュウミツデウラボシとの区別点は根茎の鱗片ということですが、
はっきり写ったものがありません。今回は旅先のことなので保留にします・・・<(_ _)>スミマセン

はて?

こんなのもありました。

2016/04/09
こまさんが鱗片の長さを測ってくれました。
「鱗片の長さが基部から測って2~2.5mm程度、ヒメタカノハウラボシですね。」
ということで、タイトルから?をはずすことができました。
こまさん、いつもありがとうございます。

-------------------------------------
ヒメタカノハウラボシ
分類  ウラボシ科 ミツデウラボシ属
分布  屋久島~沖縄
撮影  沖縄

クリックすると大きくなります。 ソーラス
web拍手 by FC2

Comment

2016.03.24 Thu 05:03  おもしろいですね

 はて? と考え込んでしまいました。
 生態はヒメタカノハウラボシとは言えないような気がします。ふつうは渓流沿いや渓流の中の、湿ったところに生えるものだからです。ここはかなり乾いているようですね。ソ^ラス部は葉表に盛り上がっているのは、ヒメ的ではあります。
 ただ、私はまだ沖縄方面でリュウキュウミツデウラボシといえるものに出会ったことがありません。こまさんも見ていないようですから、少ないのでしょう。
 タイワンビロードシダもそうですが、決定的な区別点は根茎の鱗片です。それが写っていないため、保留とせざるをえません。
  • #Ce40po1.
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2016.03.24 Thu 07:13  ★みっちゃん先生へ★

おはようございます。
お忙しいのにありがとうございます。標本をとっていないのと、鱗片がはっきり写った写真がないので迷宮入りですね。ここは滝つぼに流れ込む小さな渓流沿いです。岩の上なので乾燥ぎみですが、みたところ3ヶ所くらいにこんな小さな集団がありました。

もしリュウキュウミツデウラボシなら、ヒメタカノハウラボシより珍しいのですか? もし興味があるようなら、こまさんメールします。鱗片が見えている個体があったので、もっとよく観察してくるべきでした。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2016.03.24 Thu 18:23  

興味あります! 場所は想像はつきますが、特にpandaちゃんの写した物についてメールよろしくお願いいたします。
根茎は短く横走、径2~3mm(ミツデウラボシ)で鱗片が長さ5mmですね。
  • #YPF4kFnU
  • こまつな
  • URL
  • Edit

2016.03.24 Thu 22:06  ★こまさんへ★

こまさん、こんばんは。
今メールしました。私、花ともさん公認の方向音痴なのであっているのかなぁ、ちょっと不安だったので言葉で書いたほうも参考にしてくださいね。ミツデのほうだといいね。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2191-ca82f936

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

春のムクノキ 雄花
ムクノキの雄花を確認・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top