花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
山の木
  • グミモドキ タイワンヒメコバンノキ

  • グミみたい

    葉をひっくりかえすと、まるでグミのような鱗片があります。
    グミモドキ、面白いなぁ・・・^m^

    果実

    葉表、茎、果実にも鱗片がいっぱい。

    果実

    でも果実の形はトウダイグサ科ですね ^m^

    雄花

    雄花

    枝

    2又に枝が分かれ広がっていくのも面白いです。

    グミモドキ

    隆起さんご礁の疎林内にはえていました。

    ---------------------------------------------
    タイワンヒメコバンノキ

    トウダイグサ科といえば、タイワンヒメコバンノキもかわいかったです。

    タイワンヒメコバンノキ

    Yリストではオオシマコバンノキのシノニムになっていますが

    果実

    平凡社の「日本の野生植物 木本Ⅰ」ではオオシマコバンノキに似ているけれど
    明らかな子房柄があると書いてあります。

    果実

    それから、萼は花後も顕著に肥大しないということも特徴なのですが・・・

    雌花

    小枝は太くはっきりした稜がありました。
    オオシマコバンノキを知らないので、圏外の私には判断できませんが
    平凡社の図鑑を読んで、タイワンヒメコバンノキとしてまとめてみます。


    子どもたちが成長して家を出て行き、静かになったと思ったのですが
    連休に帰ってくるときは倍以上になって戻ってくるので、家の中は人だらけでした ^m^
    やっと明日から、日常の生活にもどりますがちょっと淋しい気もします。

    ----------------------------------------------------
    グミモドキ
    分類  トウダイグサ科 ハズ属
    分布  沖縄

    クリックすると大きくなります。 鱗片

    タイワンヒメコバンノキ
    分類  トウダイグサ科 タカサゴコバンノキ属
    分布  沖縄
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2190-d33f2eca
    該当の記事は見つかりませんでした。