花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
外来植物
  • キンギンナスビ

  • キンギンナスビ

    そういえば、数年前にワルナスビより巨大なナス科の植物があるとは気づいていました。
    同じ場所に、なにやら黄色い果実が鈴なりなので近づいてみると・・・

    果実

    ミニトマトサイズのかわいい果実

    黄色く

    だんだん黄色になって、キンギンナスビなら赤く熟すようです。

    葉

    全体にトゲがあり
    葉は卵円形で縁は羽状に3~5に浅~中裂し、両面に白色の毛がはえています。

    葉裏

    葉裏まで完全武装

    木質化

    草丈は1mをこえ、下部の茎は木質化しているといってもいいかな?
    先月のー3.5度の寒さを乗りこえて、とりあえず元気なようです。

    もしも、刈られなかったら続きを書きます。

    ----------------------------------------------------------
    キンギンナスビ
    分類  ナス科ナス属
    原産地 熱帯アメリカ

    長崎では三井楽に帰化しているということです。ここは植物園内です。



    web拍手 by FC2

    2 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    キンギンナスビというのは知りませんでした。熱帯地域の植物なんですね。果実はワルナスビよりも大きいんでしょうね。
    2016.02.24 08:21 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんにちは。
    キンギンナスビは薬草園で見たことはあるのですが、野生化しているのははじめてみました。果実はミニトマトくらいです。ワルナスビの果実が熟しているのをみたことがないのですが、同じくらいですか?どちらも、野生化してもらっては困るようなトゲですね。
    2016.02.24 17:57 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2181-11907b97
    該当の記事は見つかりませんでした。