花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • オニヤブソテツ(3倍体)探し

  • オニヤブソテツ

    3倍体のオニヤブソテツを見分けられるように、胞子の数を確認してみることにしました。
    一目でわかるものから、特徴をまとめてみます。

    最下羽片

    羽片は7-15対で、最下のものは広卵形

    葉面

    葉は革質で厚く、濃い緑色で光沢がある。
    中部の羽片の基部前側は後側より広い。


    ソーラス

    羽片の先端部は全縁、包膜は中心が黒いもの写真のように灰白のものがある。

    クリックすると大きくなります。 1胞子嚢あたりの胞子の数

    ソーラス

    こちらは中心が黒い包膜。

    クリックすると大きくなります。 1胞子嚢あたりの胞子の数

    葉柄基部の鱗片

    葉柄基部の鱗片は、ナガバヤブソテツより明るい褐色です。

    ---------------------------------------------<これより下は要観察>------------

    オニヤブソテツ

    こんなに鋸歯があるものも多いです。

    鋸歯

    3倍体のオニヤブソテツは、こんなに切れ込むことはないのかな?

    ソーラス

    この包膜の色も灰白でした。
    クリックすると大きくなります。 1胞子嚢あたりの胞子の数

    葉柄基部の鱗片

    葉柄基部の鱗片は褐色です。


    内陸

    3倍体のオニヤブソテツは海岸に多いですが、内陸でみかけたもの。

    最下羽片

    最下羽片

    羽片

    葉は薄くなり

    ソーラス

    包膜の色は、少し中心が黒っぽく、縁には歯牙があります。

    クリックすると大きくなります。 1胞子嚢あたりの胞子の数

    葉柄基部の鱗片

    葉柄基部の鱗片の色が、少し濃くなっているような気がします。

    3倍体の場合、1胞子嚢あたりの胞子の数は30個前後ですが、それだけでは決められないようです。
    とくに3番目のオニヤブソテツの胞子は、写真のように透明。
    包膜にも歯牙があったので、3倍体のオニヤブソテツではないようです。

    ----------------------------------------------------------
    オニヤブソテツ(狭義)
    分類  オシダ科 ヤブソテツ属
    分布  日本全土
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2178-549d12e4
    該当の記事は見つかりませんでした。