花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

イヌビエ ヒメイヌビエ

ケイヌビエ

イヌビエは別名サルビエとも呼ばれていて、来年の干支のサルが入っています。
それで、急いでイヌビエの画像をみつけたのですが・・・

葉舌

いつでもどこでにでもはえてるイヌビエには毛があったりなかったりと変異があり、
葉舌がなかったら「イヌビエにしとこ・・・」と、熱心に考えていませんでした。

こまつなさんと一緒に考えてみますね^m^

ケイヌビエ

これは毛があるタイプで、

花序

小穂の色も緑~紫を帯びるものまで、芒の長さは総の中でも長短あります。

小穂

第一包頴は小穂の半分より短く、第1小花の護頴は膨らまなので平ら
芒は第1小花の護頴から伸びています。

イヌビエ

芒がないものを、狭義のイヌビエとよびますが、これがそうでしょうか?

イヌビエ

第1小花の護頴は平らで、先は尖っているだけでした。
(タイヌビエにC型と護頴は平らなF型があることがわかりました。来年、小穂を確認してみます)

これもイヌビエ?

歩道沿いに見かけたものは草丈もひくく、花期も1ヶ月ほど早めでした。

イヌビエだ・・・

当時調べていたスズメノヒエの仲間かな?と思いましたが、小穂の形が違うし

葉舌がない

葉舌もないので、イヌビエの仲間のようです。

小穂

小穂の長さを測っていれば、確定できたのかもしれませんが
第1小花の護頴は膨らまないので、ヒメイヌビエがこんな感じでしょうか?

犬と猿のヒエ、犬猿の仲なのに同じ植物に名前をつけられて、同等に見られているのかな?
イヌビエの見わけ方について解ってきたので、来年はきちんと見わけられるようになりたいです。
--------------------------------------------------
イヌビエ
分類  イネ科  イヌビエ属
分布  本州~沖縄

イヌビエ・ケイヌビエ
小穂の長さは3~4㎜。第一包頴は小穂の長さの1/2以下。
芒の長さは不定で、ほとんど無いものを狭義のイヌビエ、芒長いものをケイヌビエと区別していたが、中間型があり区別しないみかたもある。

ヒメイヌビエ
分類  イネ科  イヌビエ属
分布  日本全土

乾燥した畑地や路傍に生育する。小穂の長さは2.5~3mm。芒はない。


参考ページ:ヒエ属植物の分類と地理的分布

農薬春秋No.91
web拍手 by FC2

Comment

2015.12.26 Sat 09:39  

イヌビエの別名がサルビエなんですか、サルビアと間違えそうになるじゃないか(^^;)
(さすがにサルビエでは変換候補に出てこなかったな)
しかしサルが付くとはいえブログ年頭を飾るには地味すぎる。
こちらの田んぼでもこの仲間をよく見かけますが殆どタイヌビエかなと思って撮ることもなく
イヌビエとの違いはなんでしょ、と疑問を丸投げしておく(・_・)ノ~ ゜ポイ ヾ(^^;)

2015.12.26 Sat 21:34  

 一緒に考えているつもりでも、実は悩んでいる時間の方が多いよ。芒のりっぱなイヌビエですね~ 私ももっと数を見なければと思ってはいるのですが。。
 ヒメイヌビエは水中では育ちにくいと文献にあったことと、イネ科の植物図譜でもイヌビエが湿地を好むのに対し、中生(乾地でも湿地でもない中間の)草原に生えるとあるので、又全体にほっそりしているとも書かれているので、私も後のはヒメイヌビエに1票かなと、(全然自身はないけれど(-_-;)どうでしょうか)来年も観察をつづけましょうね、頼りにしています。
  • #YPF4kFnU
  • こまつな
  • URL
  • Edit

2015.12.27 Sun 08:15  ★平家蟹さんへ★

平家蟹さん、おはようございます。
今日も朝日がまぶしいです。申年に何にしようと考えたとき、私もサルビエは地味かなとやめました^m^ 
タイヌビエは小穂の大きいことと、丸っこさが区別点みたいで・・・と書きながら確認してみると、こんなページがみつかりました。
http://www.sizen-daigaku.com/~shokubutu/05-ineka.pdf

わお!もう一回考えなおさなければ、まちがってるかも。平家蟹さんありがとう。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.12.27 Sun 08:40  ★こまさんへ★

こまさん、おはようございます。
平家蟹さんにお返事を書きながら、タイヌビエに「第1小花の護頴は膨らまない」のがあるの?と新たな疑問が生まれてきました。そうなると・・・やっぱり、こまさんみたいにひとつひとつ地道に分解して測っていかなくちゃです。どの写真も近くの休耕田や池のちかくの歩道だったので、来年もう一回確認して画像を入れてみますね。
タイヌビエも面倒くさがらずに、確認しなくちゃ・・・反省

ありがとう、こまさん。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.12.27 Sun 15:12  こんにちは

イヌビエはサルビエとも呼ばれているんですか。いつもながら詳しいご説明で勉強になります。
  • #rId1tC1Q
  • 多摩NTの住人
  • URL
  • Edit

2015.12.27 Sun 19:16  ★多摩さんへ★

多摩さん、こんばんは。
申年にちなんで、サルのつく植物をあつめていなのですが、サルビエは未解決のまま終わりそうです。こんなことな旬のときに調べればよかったです。でも、みなさんに助けられて一歩づつ歩いています。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.12.31 Thu 14:56  こんにちは

この記事に2度目のコメントで失礼します。今年もたびたびお越し下さいまして有り難うございました。来年も宜しくお願い致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい。
  • #rId1tC1Q
  • 多摩NTの住人
  • URL
  • Edit

2015.12.31 Thu 15:37  ★多摩さんへ★

多摩さん、こんにちは
すみません、ブログの更新がとどこおっています。明日の内容につまづいて、調べるのに時間がかかってしまいました。今夜は更新できるよう予約投稿しています。
今年は雑用で忙しかったのですが、みなさんとお話しするのが私の息抜きでした。多摩さんの健康をお祈りしています。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2170-1ccf85d3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

マルバグミが食べごろです マルバグミ
大きいので、味を楽しめますよ~!でもよく熟したものがおすすめ

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top