花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

ヒゴイカリソウ

ヒゴイカリソウ

来年の干支の写真を探していると、まだアップしていない写真がたくさんありました。
これはイカリソウで漢名(生薬名)「淫羊霍」と、今年の干支が入っています。
 今年中にアップしなくちゃ・・・でも、淫らな名前ですね

葉に毛が生えている

花は白色で、葉の両面に開出する細毛があるのでヒゴイカリソウ
4月はじめの写真です。

ガク

ガクは2輪に並んで8枚、蕾のとき見える褐色のガクは早落性で、
開花した花の、一番上の花弁にみえる白い4枚が内ガク片

花のつくり

花弁は4枚で、基部の蜜腺が長く伸びています。
赤紫の茎が綺麗ですね。

ヒゴイカリソウ

林縁の草原にはえていました。4月中旬はまだ咲き始め、
たった一つの花をいろんな角度から撮ってることがバレそうです


茎葉と根生葉

次に出あったのが5月中ごろ別の場所です。雨が降っていたのでいい写真がありませんが
茎葉と根生葉が写っていました。

葉

葉の色が楽しかった。1-3回3出複葉。

果実

果実もできていました。

葉の開出毛

ここのヒゴイカリソウは、葉の両面の開出毛がまばらです。
細毛は落ちやすいのかな?それとも変異があるのかな?

イカリソウの変種は葉の細毛によって分けられているようですが、
Yリストで確認してみると、ヒゴイカリソウはヤチマタイカリソウのシノニムになっていました。
それ以上のことはよくわかりません。

------------------------------------------
ヒゴイカリソウ
分類  メギ科 イカリソウ属
分布  熊本県
撮影  熊本県

※Yリストではヤチマタイカリソウの別名
web拍手 by FC2

Comment

2015.12.13 Sun 14:28  

もう来年の干支を考える時期になってきましたね。
私も考えていたけどサルトリイバラくらいしか思いつかない。
そっか漢字名もあったね、と思いつつやはりあまり思いつかないな(^^;)

イカリソウは仲間も含めてまだ県内では見たことありません。
秋吉台であるはずだけど多分1ヶ所だけ、鋭意探してみたけどそうそう簡単には見つけられず(ーー;)
イカリソウの生薬としての名前が淫羊霍ですか
漢字変換で出てくるくらいだから有名ののか(笑)
精力剤として有名だそうで頑張るためにも見つけなくちゃヾ(^^;)違うだろ
しかし別名だったり変種だったりこのややこしさは素人は困惑するばかりです。

2015.12.13 Sun 19:03  そう、もっと宣伝を!

 イカリソウの仲間は、一筋縄ではいかない難しいグループ。どれほど形態が変化するかも不明ですが、それ以上に交雑による網目状の分化をしていると予想されます。
 ヒゴイカリソウは、私の大先輩である清水建美先生が半世紀以上昔に報告したもの。異名に落とされて、近年ではあまりかえりみる人もいないのですが、DNA分析による興味あるデータがあります(BBSに貼っておきます)。それによると、ヒメ、ヒゴ、キバナと中国産のホザキノが問題のない独立種と考えられ、残りのものは交雑が関係しているのでは?という結果です。ヒメは蛇紋岩地帯に自生地が多く、ヒゴは草原性、キバナは環日本海要素。それぞれ個性的ですね。それに比べれば、ヤチマタなんざ…
 いえ、私もわかっているわけではないのですが。
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2015.12.14 Mon 06:53  

平家蟹さん、おはようございます。
イカリソウは長崎でもみたことがありません。小さなバイカイカリソウはあちこちあるんですが・・・バイカイカリソウはそちらにも記録があるみたいですが、
>精力剤として有名だそうで頑張るためにも見つけなくちゃヾ(^^;)
平家蟹さん、頑張ってください。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.12.14 Mon 07:46  ★みっちゃん先生へ★

おはようございます。
ヒゴイカリソウの名前をアピールしていいですか?^m^
葉の両面の毛が立派だし、ヤチマタさんは無毛なので「ヤチマタイカリソウ」にするのが惜しくて頑張らせました。
そのうち、判るときがきたらまた補足説明をいれますね。いつもありがとうございます。

  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2167-c9b5f591

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

春のムクノキ 雄花
ムクノキの雄花を確認・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top